本との偶然の出会いをWEB上でも

藤村俊夫『EVシフトの危険な未来 間違いだらけの脱炭素政策』/本当に「環境に優しい次世代車」はEVではなく、ハイブリッド車だ

欧州の各国政府が電気自動車(EV)化を推し進めるなか、日本の自動車メーカーはEV化の波に乗り遅れてしまったと報じられることもありますが、果たしてそれは真実なのでしょうか? 長年、トヨタの技術者としてエンジンの設計開発に携わってきた著者が、間違いだらけの脱炭素政策を検証する一冊!

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
岩瀬達哉【ノンフィクション作家】

EVシフトの危険な未来 間違いだらけの脱炭素政策

藤村俊夫 著
日経BP 
2200円
装丁/Oruha Design

「日本車はEV化の波に乗り遅れた」は本当か?

 世界全体がエンジン車から電気自動車(EV)に急速に変わっていくなか、日本の自動車メーカーは、EV化の波に乗り遅れてしまった。
 こんな論調の記事が、カーボンニュートラルとともに数多く報じられてきた。それらは「十分な知識のないメディア」が、欧州自動車メーカーの「政治的思惑」に乗せられたものだと、本書は突く。
 長年、トヨタの技術者としてエンジンの設計開発に携わってきた著者は、本当に「環境に優しい次世代車」はEVではなく、ハイブリッド車であることを実証してみせる。EVは、走行時にCO2は出さないものの、その誕生から廃車までのライフサイクルで見ると、原動力となる「電池製造時に多くの電力を消費する」。そのため化石燃料によって作られた電力のCO2を加えるとEVのほうが、ハイブリッド車より多くのCO2を出しているのである。
 それを承知で欧州の各国政府がEV化を推し進め、ハイブリッド車つぶしに躍起になるのは、欧州メーカーの技術では日本に太刀打ちできないからだ。日本のハイブリッド車は、ガソリン車と比べて50%のCO2削減効果があるが、欧州メーカーのものは30%に過ぎない。自国の自動車産業保護のためには、日本車の席巻を防ぐ必要がある。「ドイツが2030年、フランスと英国が2040年」以降、ハイブリッド車の販売禁止を決めた背景事情である。
 いまや「世界最大の自動車販売国」となった中国の自動車メーカーはどうか。じつは、EV化では政府の定めた規制をクリアーできないと悲鳴をあげ、トヨタから「ハイブリッドシステムの供給」を受けることになった。自信のあるトヨタは「ハイブリッド関連特許を無償で解放」したものの、「ドイツを筆頭とした欧州の自動車メーカー」は、その提供を拒んでいる。「世界で初めてエンジン車を世に送り出した」という自尊心が許さないからだ。EV化の流れの背景には、アングロサクソンの自尊心と国家のエゴが渦巻いている。

(週刊ポスト 2022年8.19/26号より)

記事一覧
△ 藤村俊夫『EVシフトの危険な未来 間違いだらけの脱炭素政策』/本当に「環境に優しい次世代車」はEVではなく、ハイブリッド車だ | P+D MAGAZINE TOPへ