本との偶然の出会いをWEB上でも

「大統領暗殺未遂事件」を扱った作品がアメリカでベストセラー-ブックレビュー from NY【第2回】

NY在住の佐藤則男の「NYブックレビュー」。今回はアメリカで今も慕われる元大統領のレーガン大統領暗殺未遂事件をノンフィクションで書いた「レーガン危機一髪」。人気の訳を語ります。

<第2回>人気の「キリング・シリーズ」が満を持して送る“レーガン危機一髪”

レーガン

Bill O’Reilly & Martin Dugard. Killing Reagan: the Violent Assault that Changed a Presidency. Henry Holt and Co., 2015. 306ページ. US$30.00

今月のノンフィクションベストセラー10

前回のコラムに対して読者から要望があったので、今回からニューヨークの最新ベストセラー事情について、簡単にご紹介してから書評に進みたいと思う。

以下はニューヨーク・タイムズの最新ベストセラーリストである。今回はノンフィクション部門をご紹介する。カッコ内は前週のランキングだ。

1(4) BETWEEN THE WORLD AND ME, by Ta-Nehisi Coates. (Spiegel & Grau.) A meditation on race in America as well as a personal story by the Atlantic’s national correspondent. Winner of the National Book Award.

著者は「アトランティック」誌国内特派員。アメリカにおける人種問題の考察と個人的なストーリー。全米図書賞受賞作。

2(2) THOMAS JEFFERSON AND THE TRIPOLI PIRATES, by Brian Kilmeade and Don Yaeger. (Sentinel.) The war against the Barbary pirates in 1801.

トーマス・ジェファーソン大統領と第一次バーバリ戦争について。

注:バーバリ戦争(1801年-1805年)とは、地中海の北アフリカ沿岸のバルバリア諸国と呼ばれたオスマン帝国の支配下で独立した政権を維持し、オスマン帝国から任命されたパシャが統治する独立採算州の一つであったトリポリとアメリカの間で行われた戦争。このため、トリポリ戦争の別名がある。

3(1) KILLING REAGAN, by Bill O’Reilly and Martin Dugard. (Holt.) The host of “The O’Reilly Factor” recounts the events surrounding the attempted assassination of President Reagan in 1981.

FOXニュースチャネルの人気ニュースショー「オライリー・ファクター」のアンカーマンのビル・オライリーが、1981年に起きたレーガン大統領暗殺未遂事件を彼自身の見方から明らかにする。

4(3) HUMANS OF NEW YORK: STORIES, by Brandon Stanton. (St. Martin’s.) Photographs and interviews from the creator of the blog and the book “Humans of New York”

著者のブランドン・サントスのニューヨークの人々の写真とインタビューを集めた作品。最初はブログから始まり、3年間で読者が増え、徐々に人気を得て一冊の本になった。そして、ベスセラーリスト入りを果たした。

5(-) BINGE, by Tyler Oakley. (Gallery Books.) Personal essays from the L.G.B.T.Q. YouTube personality.

YouTubeでよく知られているタイラー・オクレイの個人的エッセイ集。

6(8) WHY NOT ME?, by Mindy Kaling. (Crown Archetype.) More personal essays from the comedian and actress.

コメディアン兼女優のミンディ・カリングの個人的なエッセイ。

7(10) THE WITCHES, by Stacy Schiff. (Little, Brown.) An account of the Salem witch trials of 1692.

1692年のセイラム魔女裁判の真相。

8(14)
MODERN ROMANCE, by Aziz Ansari with Eric Klinenberg. (Penguin Press.) The comedian enlists a sociologist to help him understand today’s dating scene.

コメディアンである著者が、社会学者の力を借りて今日のデート事情を理解する一助とする。

9(9) CRIPPLED AMERICA, by Donald J. Trump. (Threshold Editions.) The real estate developer and candidate for the Republican presidential nomination shares his ideas for making America great again.

不動産王であり共和党大統領候補を目指すドナルド・トランプが、偉大なアメリカのパワーを取り戻す方策を公表。

10(-) H IS FOR HAWK, by Helen Macdonald. (Grove.) A grief-stricken British woman decides to raise a goshawk, a fierce bird that is notoriously difficult to tame.

心臓発作で父を亡くし、悲しみに打ちひしがれた英国人女性が、その悲しみに耐え、立ち直るために、飼いならすことが難しくて悪名高い凶暴なオオタカを育てるストーリー。

記事一覧
△ 「大統領暗殺未遂事件」を扱った作品がアメリカでベストセラー-ブックレビュー from NY【第2回】 | P+D MAGAZINE TOPへ