本との偶然の出会いをWEB上でも

モーリーが語る、「ぼくたちは何を読んできたか」③その青春の軌跡 モーリーのBOOK JOCKEY【第4回】

国際ジャーナリストからミュージシャンまで、幅広く活躍中の「モーリー・ロバートソン」が、その青春時代を振り返る!歴史的背景や、歩んできた道…刺激に満ちた内容は必見!

次の瞬間、ケビンの口ひげが乳首に当たった。まるで小さなタワシを当てがわれたようだった。咄嗟の感覚に驚いたぼくは、

「うわぁっ!」

と大きな声を上げて思い切り笑ってしまった。ヒゲが。ヒゲが…残る二人も釣られて笑った。

ケビンは、

「なんだよ」

と一言呟いてそそくさと立ち上がり、「あっち側」に戻っていった。間が持てない。ちょっとだけ後味が悪かった。ルームメイトたちは、

「Oh, well…しょうがないか」

と言って、そのままみんなで勉強に戻った。まるで他人のために用意したバースデーケーキのキャンドルを間違って先に吹き消してしまったような体験だった。

1週間後、「こっち側」に同居するルームメイトの一人にステイプラー(ホッチキス)を借りようと部屋の扉に手をかけた。その時、部屋の中から力強く、

「ちょっと待って! まだ入って来ないで!」

と言われた。

「ああ、わかったよ。ステイプラー、貸して」

と返事をして廊下で待つ。2分ほどすると、

「オーケー。入っていいよ」

とまた声がかかる。

扉を開けると「あっち側」からケビンが来ていて、ソファーを兼ねるベッドに二人並んで座っている。ルームメイトはぼくをじっと見ている。

「あ、ケビン来てたの? ステイプラーちょっとだけ貸してもらっていい?」

ルームメイトは机の引き出しからステイプラーを取り出して貸してくれた。

さらに二日後。ぼくの部屋というのか、ベッドと勉強机が並んだ共有スペースの一角をルームメイトとケビンが並んで訪れた。

「ちょっと、いい?」

「いいよー。なんかおもしろいこと、ある?」

二人はお互いの顔を一瞬見合わせ、ルームメイトが切り出す。

「ぼくら、付き合うことになったんだ」

その言葉を聞いたぼくは、口を開けたまま固まった。

「I’m gay.I’m gay now.=ぼくはゲイなんだ。今はゲイなんだ」

ルームメイトがまっすぐにぼくの目を見て話すので、目をそらしてはならないと思い、見返して頷く。

「別に何も変わらないけど、知らせておこうと思ったんだ」

「うん。わかった」

ケビンが少しだけニヤリとしているのがわかった。

記事一覧
△ モーリーが語る、「ぼくたちは何を読んできたか」③その青春の軌跡 モーリーのBOOK JOCKEY【第4回】 | P+D MAGAZINE TOPへ