本との偶然の出会いをWEB上でも

【期間限定・無料】コミック版『逆説の日本史』<シーズンⅡ第8回>

井沢元彦氏の『逆説の日本史』は、累計543万部を突破した、ベスト&ロングセラーの超人気シリーズ! 初めてマンガ化され、P+D MAGAZINEで大好評先行配信中。シーズンⅡの第8回では、「忠臣蔵」で広く知られる「赤穂事件」の真相をたどります。赤穂浪士は本当に「正義のサムライ」だったのか? 期間限定の無料公開なので、お見逃しなく!

700_440_episode8

「忠臣蔵」はデタラメ!? なぜ「犯罪者」であるはずの赤穂浪士が賞揚されるようになったのか? 赤穂事件の真実に迫る!

A

 

いざわ歴史研究所所長:「忠臣蔵」は知っているよね? あれはフィクションで、はっきり言ってデタラメの極致と言える。現実に起きた事件の方は、浅野内匠頭による吉良上野介に対する傷害事件で、「赤穂事件」と呼ぶのが正しい。

 

C

 

学生バイト・ユウキ:「忠臣蔵」は、そんなに史実と異なるんですか? 「赤穂義士」って、「正義のサムライ」 という意味ですよね?

 

 

B

 

いざわ歴史研究所所長:どうしてそうなったのかを明らかにしよう。真実には、儒者たちの考え方が深く影響しているんだ。法のあり方、幕府、天皇家に対する考え方などにおいてね。「赤穂浪士の行動を正義とすることが、徳川の天下をひっくり返すことになる」のはなぜなのか? 「朱子学の真髄」について正しい理解をしておかないとならないね。詳しくは本編で見てみよう!

本編はこちらから!

下記よりお読みいただけます。
コミック版『逆説の日本史』シーズンⅡepisode8
episode8
次回は、2018年9月末に公開します!

記事一覧
△ 【期間限定・無料】コミック版『逆説の日本史』<シーズンⅡ第8回> | P+D MAGAZINE TOPへ