本との偶然の出会いをWEB上でも

【期間限定・無料】コミック版『逆説の日本史』シーズンⅢ・幕末維新編<第8回>8月18日の逆賊

井沢元彦氏の『逆説の日本史』は、累計550万部を突破した、ベスト&ロングセラーの超人気シリーズ! 初めてマンガ化され、P+D MAGAZINEで大好評先行配信中。シーズンⅢ「幕末維新編」8回目では、薩長の動きに注目! 西洋列強の力を知った薩摩。一方、長州は……? 過激攘夷派を抱え、朱子学バカの上に狂信的。そんな長州藩は何を考えていたのか!?

700_440_episode3_8

実は討幕計画を企てていた!?長州藩。教科書とは違う歴史のポイントが浮かび上がる!

A

 

いざわ歴史研究所所長:生麦事件からここまで薩摩を見てきたけど、彼らは西洋文明に学ばない限り、欧米には勝てないってことに目覚めることになった。しかし、問題は長州。過激攘夷派を抱えているからね。

 

C

 
 

学生バイト・ユウキ:西洋諸国を侮るなんてとんでもないことだとわかっていなかったんですか?

 
 

B

 

いざわ歴史研究所所長:前回に遡るとよくわかるけど、幕府は和宮を将軍家定夫人に迎える代わりに、攘夷を約束したよね。孝明天皇は約束を守れと幕府に迫ったんだ。そこで幕府はやむを得ず攘夷を実施すると確約。ただしそれが実行されたかというと……? 詳しくは本編で見てみよう!

 

本編はこちらから!

下記よりお読みいただけます。

コミック版『逆説の日本史』シーズンⅢ episode8 <8月18日の逆賊>
episode3_8
<シーズンⅢ episode7はこちらからお読みいただけます>

【episode7 愚者が造る歴史】

次回は、2020年1月末に公開します!

記事一覧
△ 【期間限定・無料】コミック版『逆説の日本史』シーズンⅢ・幕末維新編<第8回>8月18日の逆賊 | P+D MAGAZINE TOPへ