本との偶然の出会いをWEB上でも

【新連載】池上彰・総理の秘密<2>

早くも大反響の連載「総理の秘密」の2回目。韓国の朴槿恵政権の動向や、アメリカのトランプ政権スタートに向けての動きなどに世界中の注目が集まる中、日本の総理大臣の動静からも目が離せない。そこで、総理にまつわる豆知識を、ジャーナリストの池上彰がわかりやすく解説! ニュースでよく耳にしていながらも、正確な意味が曖昧な、「総理官邸」と「総理公邸」の違いとは? 知っておくとニュースがもっと良くわかるようになる、必見のコラム。

ikegami_akira

「総理官邸」と「総理公邸」の違いは?

毎日のようにテレビニュースで流れる総理の動静どうせい。総理官邸に出勤する光景の映像が流れます。ここが総理の仕事場だからです。

では、総理はどこに住んでいるのか。それが「総理公邸」(首相しゅしょう公邸とも)です。

ここは特別公務員である総理大臣の宿舎ですから、正式には「総理大臣官舎」。国家公務員宿舎法という法律にもとづいています。
2005年(平成17)4月、新しい総理官邸と総理公邸が完成しました。総理公邸と総理官邸は廊下ろうかでつながれ、総理大臣は、雨に濡れることなく出勤できます。仕事場と宿舎を分けているのですね。ちなみにアメリカのホワイトハウスは、同じ建物の中に大統領執務室と大統領の居住区があります。
新しい総理公邸は、それ以前に使われていた総理官邸を移動させて改築・改修し、外国からのお客さんをもてなす部屋などが新設されました。太陽光発電、風力発電なども導入されています。

古い官邸と公邸があった時代は、総理に就任しても公邸に入らず、都内の自宅から毎日出勤する人もいましたが、「公邸に住むと政権が長続きする」というゲンをかついで公邸暮らしをする人が増えました。でも、現・安倍政権以前は長続きしない総理が相次いでいるのは、ご承知しょうちの通りです。

古い総理公邸は、五・一五事件や二・二六事件の舞台となり、死傷者ししょうしゃも出ていることから、「幽霊ゆうれいが出る」と言われていました。実際に、それらしきものを見た総理や総理の家族もいました。私は、「見た」という人から直接話を聞いたことがあります。このため、入居するときには神主かんぬしを呼んで御祓おはらいする総理もいました。

古い公邸時代は、女子トイレの床下から伸びる緊急脱出用トンネルがありましたが、現在はなくなりました(そのはずです)。

池上彰 プロフィール

いけがみ・あきら

ジャーナリスト。1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、NHKに入局。報道記者として事件や事故、教育問題などを取材。「週刊こどもニュース」キャスターを経て、2005年に独立。著書に『そうだったのか! 現代史』『伝える力』『1テーマ5分でわかる世界のニュースの基礎知識』ほか多数。

IMN2-R-001

現在の総理官邸
東京都千代田区永田町2丁目にあり、国会議事堂のはす向かいに位置する。この地に総理官邸が建設されたのは、関東大震災後の昭和初期から。
写真提供/内閣広報室

(『池上彰と学ぶ日本の総理2』小学館 より)

記事一覧
△ 【新連載】池上彰・総理の秘密<2> | P+D MAGAZINE TOPへ