本との偶然の出会いをWEB上でも

池上彰・総理の秘密<16>

森友学園問題で、首相夫人の行動や言動が騒がれ、公人なのか私人なのか、議論が盛り上がっています。総理大臣やその家族を取り巻く状況が世間の注目を集める一方、さまざまな危機的状況がいつ訪れるかわかりません。ところで日本では、SP(セキュリティポリス)の警護対象に、総理の家族は含まれない、ということを知っていますか? SPについて、池上彰がわかりやすく解説します。知っているとニュースがより面白くなり、他の人に自慢したくなるコラム。

ikegami_akira

総理を守るSP

総理大臣が出かけるとき、周囲を固める背の高い男たち。これがSP(セキュリティポリス)です。警視庁警備部警護課に所属する警察官で、総理の身辺警護を担当します。

かつては総理の警護は目立たないのが望ましいとされ、総理から少し離れて距離を保つようにしてきましたが、1975年(昭和50)、三木武夫みきたけお総理が右翼うよく暴漢ぼうかんなぐられて転倒した事件をきっかけに、「威圧する警護」に方針転換します。アメリカ大統領を警護するシークレットサービスをモデルに編成されました。

ちなみにシークレットサービスはFBIなどとは異なり財務省所属。もともと偽札にせさつの取締りをしていた部局が、大統領の警護も担当するようになりました。

総理の前後左右を体格のいい男たちで固め、周囲に人を寄せ付けないようにするというのが「威圧する警護」です。

身長173センチ以上で柔道や剣道、射撃の腕前が高い人が選ばれます。女性を警護することもあるので、女性のSPも増えてきました。

胸には「SP」の目立つバッジを着用していますが、何種類もの色があります。偽者にせものまぎれ込むことを防ぐため、頻繁ひんぱんにバッジを付け替えています。SPによる警護の対象は総理と衆議院議長、参議院議長、国賓こくひんに限られますが、必要に応じて、他のVIP(要人)も警護します。

アメリカのシークレットサービスは大統領の家族も警護しますが、日本は総理の家族は対象外。自費で民間の警備会社に頼む人もいます。「家族も警護して欲しいよ」と、かつて私に愚痴ぐちをこぼした家族もいました。

警視庁警護課と紛らわしい名前に警視庁警衛課があります。こちらは皇室の警備。皇族方の身辺警護は皇宮こうぐう警察本部の皇宮護衛官が実施し、その周辺を警備します。

DMA-16_p34_SP

「威圧する警護」
1995年(平成7)7月、街頭演説に向かう村山富市(むらやまとみいち)元総理を囲み、厳重に警備するSPや関係者。写真/共同通信社

池上彰 プロフイール

いけがみ・あきら
ジャーナリスト。1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、NHKに入局。報道記者として事件や事故、教育問題などを取材。「週刊こどもニュース」キャスターを経て、2005年に独立。著書に『そうだったのか! 現代史』『伝える力』『1テーマ5分でわかる世界のニュースの基礎知識』ほか多数。2012年、東京工業大学教授に就任。16年より名城大学教授、東京工業大学特命教授。

(『池上彰と学ぶ日本の総理16』小学館より)

記事一覧
△ 池上彰・総理の秘密<16> | P+D MAGAZINE TOPへ