本との偶然の出会いをWEB上でも

池上彰・総理の秘密<27>

北朝鮮が度重なるミサイル発射を行うなど、世界情勢は緊迫し、日々刻々と移り変わっています。どんな危機的状況にも対応できるように、必要な能力のひとつが「語学力」。今回は、日本の総理大臣の語学力に注目します。池上彰が、独自の視点で、わかりやすく解説。知っているとニュースがより面白くなり、他の人に自慢したくなるコラムです。

ikegami_akira

総理の英語力は?

総理大臣が英語で演説する。恰好かっこういいですね。でも、よく聞いていると、いかにも日本人的な発音だったりして、ちょっとがっかり、ということもあります。戦後の総理では、だれが英語力にひいでているのでしょうか。  

国連総会での英語演説となりますと、近年では鳩山由紀夫はとやまゆきおでしょう。温室効果ガス削減のための大胆な目標を打ち出し、注目を浴びました。なかなかの英語力でしたが、この人の発言は目まぐるしく変わりますから、むしろ日本語力をきたえた方がいいのでしょう。  

戦後すぐから見ますと、外交官だった吉田茂よしだしげるは、駐英大使も務め、イギリス流の生活にすっかり馴染なじんでいて、クイーンズイングリッシュを話しました。  

孫の麻生太郎あそうたろうがアメリカに留学し、アメリカンイングリッシュを話すようになったのを嘆き、「上品な英語を話せるように」とイギリス留学に切り替えさせているほどです。その麻生太郎は、もちろん英語が堪能たんのう。海外では通訳なしでスピーチしています。英語なら、漢字の読み間違いもないですからね。  

歴代の総理の中で一番の英語使いと定評があるのは、宮沢喜一みやざわきいちでしょう。東京大学の学生時代、日米学生会議の日本代表のひとりとしてアメリカを訪問した際、英語が使い物にならないことを自覚。以後、自力で勉強にはげみました。国会議員になってからも、日本の新聞ではなく、もっぱらニューヨークタイムズを読んでいたことは有名です。  

ただし、英語力をひけらかしたかったのかどうか、アメリカの首脳との会談では通訳を通さずに直接英語で会談するため、微妙な駆け引きでニュアンスが違ってしまうことを外務省が心配したこともありました。日常会話は英語を使ってもいいけれど、国益がからむ外交交渉は、やはり通訳を入れた方がいいようです。

総理の秘密27画像_宮沢喜一クリントン_s

日米首脳会談の宮沢喜一総理とクリントン米国大統領 宮沢総理は「戦後日米首脳会談で通訳をもちいなかった唯一の総理」といわれるが、米国国務長官を務めたキッシンジャーは、「一国の最高責任者が外国で公式会談に臨む際、立場上、自国語を使うべきである」と言っている。写真は、1993年(平成5)4月16日のホワイトハウスでの首脳会談。写真/共同通信社

池上彰 プロフイール

いけがみ・あきら ジャーナリスト。1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、NHKに入局。報道記者として事件や事故、教育問題などを取材。「週刊こどもニュース」キャスターを経て、2005年に独立。著書に『そうだったのか! 現代史』『伝える力』『1テーマ5分でわかる世界のニュースの基礎知識』ほか多数。2012年、東京工業大学教授に就任。16年より名城大学教授、東京工業大学特命教授。

(『池上彰と学ぶ日本の総理27』小学館より)

「池上彰・総理の秘密」連載記事一覧はこちらから

記事一覧
△ 池上彰・総理の秘密<27> | P+D MAGAZINE TOPへ