本との偶然の出会いをWEB上でも

芥川賞作家・花村萬月が書き下ろし! 新感覚時代小説【くちばみ 第12回】

古く蝮をくちばみという。戦国時代、「美濃の蝮」と恐れられ、非情なまでの下剋上を成し遂げた乱世の巨魁・斎藤道三の、血と策謀の生涯を描く! 父と二人、油売りをして食い繋いだ幼少期。どん底を知る父と子の国盗りの野望が動き出す。狙うは天下の要・美濃国。父に続き美濃入りした新九郎(のちの道三)は、守護・土岐頼武から側室・深芳野との閨事の代役を託される。深芳野と密かに心を通わせ、野望をも打ち明ける新九郎。父との絆が壊れ始める……。

くちばみ新メインビジュアル

 
「命か」
「富み栄えていても極貧のどん底にあっても、あるいは貴賤とも関係なく、人は誰でも最後の最後に賭ける唯一のものをもっておるのでございます」
「──大きくでたな。だが、この頼武、命を小博奕に賭けるほどの度量はない」
「もはや新九郎には賭けるものがないから、命と申したまで。頼武様にはいくらでも賭けるものがございましょう」
「が、生憎、新九郎の命に匹敵するような賭徳(かけどく)はもっておらぬわ」
 ぞんざいな口調ではあったが、新九郎に対する情がにじんでいた。深芳野はえくぼを深くして、こともなげに言い切った。
「そこまで仰有(おっしゃ)るなら、頼武様は美濃一国をお賭けになられたらいかがでしょう」
 美濃一国と、新九郎の命──。
 頼武は苦笑いを泛べるしかなかった。新九郎の命などもらったところで、なんの意味もない。美濃一国とは重みがちがう。
 それに、たとえ勝負に負けて美濃一国を与えることになったとしても、頼武自身は案外さばさばした気分でいられるだろうが、美濃に寄生している有象無象が黙っているはずもない。
 いまでも微妙な均衡の上にかろうじて成り立っているのに、美濃が博奕で新九郎のものになってしまえば、すぐさま内乱が勃発し、国内は乱れに乱れるであろう。普段は念頭にも泛ばない、畑仕事に精をだす下々の者たちが戦乱に労苦する様子さえ鮮やかに見えた。
 そもそも博奕にて命と国を遣り取りするなど、当該の博奕に耽っている当人以外、誰も認めるはずもない。真に受ける者はいない、ということだ。
 新九郎の命は新九郎のものであるから、新九郎が負けたなら即座に首を落とそう。が、美濃国は頼武一人のものではない。さて、どうしたものか──。
 我に返った頼武は咳払いし、いよいよ苦笑を深くした。小博奕で美濃を新九郎に与え、その後のことにまで真剣に思いを馳せている己が可笑しい。
「この頼武が負けて、新九郎が美濃を手にしたとたん、余の首と胴は生き別れだろう。なにせ新九郎の自尊をとことん踏みつけにすることを強いている余であるからな。一方で新九郎が負けて首と胴が生き別れても、それだけだ」
 口をへの字に曲げて、間をおいて続ける。
「この頼武が圧倒的に損をするだけの、なんの益もない博奕ではないか」
「妾のみたところ、新九郎は頼武様を好いておるがゆえ、たとえ美濃を手にしても斯様なことはありえませぬ」
「これは意想外な。新九郎よ、おまえはこの頼武を好いておるのか」
「──好いてはおりませぬ」
「だよなあ。好いているわけがない」
 深芳野がちいさく欠伸(あくび)しかけて、そっと口許を隠す。
「ならばお開きということで」
 得た駒をすくいあげ、頼武の駒の山の上にじゃらじゃらと落としていく。
「妾は銭勘定に付きあう気はない。あがりは頼武様に呉れて差しあげましょう」
 言い棄てて、手も添えずに足だけで立ちあがりかけた深芳野を、頼武が制する。
「待てと仰有るか」
「相変わらず気が短いのう。だいたい新九郎が勝負を受けるかどうかの返答がまだではないか」
「新九郎は受けるに決まっておる。なあ、新九郎。たかが命」
「──はい。さんざん恥をさらしたあげく、この新九郎の肩身を保つ最後の勝負の便(びん)()を拵えていただきました。頼武様に受けていただけるならば、謹んで命を賭けさせていただきます」
 当然だといった顔つきの深芳野の鼻が一段高くなったように見える。逆に、まいったなあ──と苦笑いにまで到らぬ渋面をつくって頼武は鮑の皿に残っていた肝の溶けた汁をくいと飲み干した。
「たかが博奕に仰々しいが、新九郎の命と美濃一国がかかっておる。誓詞を、起請文を取りかわそう。借用書や覚え書きのようなものでは不細工すぎるであろう」
 中腰で深芳野は頼武の顔を覗きこむ。頼武は深芳野の視線が注がれたあたりの頰を軽く搔いて、筆と硯を用意させた。
「急なこととて()玉宝印(おうほういん)の料紙を用意することは叶わぬが、その様は案じておる。口約束ではないことを文言にして明らかにしておかねばならぬ」
 誓詞を取りかわすのはいいが、牛玉宝印の起請文は大仰だ。小首をひねって深芳野が呟く。
(たし)か書き出しは梵天帝釈、四大天王でしたか。長々と続くので先はわかりませぬが」
「余はすべて諳んじておるぞ。梵天帝釈、四大天王、総日本国中六十余州大小神祇、別伊豆箱根両所権現、三島大明神、八幡大菩薩、天満大自在天神、部類、眷属、神罰、冥罰各可罷蒙(おのおのまかりこうむるべき)者也(ものなり)(よって)起請文如件(くだんのごとし)──だ」
「牛玉宝印の起請文を書いたことがあるのですか」
「いや、牛玉宝印の文言は暇にあかせて覚えた。この頼武の退屈を知ったら、おまえは腰を抜かすぞ。現世にていちばん暇なのが、余である」
 威張って言いながらも、溜息をついて肩を落とす頼武であった。深芳野からみても頼武がなにもさせてもらえないということは否めない。神棚の注連(しめ)(なわ)のようなものである。
 ゆえに代償行為に過ぎぬとはいえ自在に賽を転がし、さんざん運を弄んだあげく、見事に勝ちあがることのできたこの(ひと)()の小博奕は、さぞや興が乗ったことであろう。鬱憤を晴らしたことだろう。静かに見つめる深芳野にむけて、頼武が重ねてぼやく。
「やれやれ、余の所在なき日々の惨めさなど誰も悟ってくれぬわ」
「ならば、今宵最後の大博奕、存分に愉しんでいただきましょう」
 頼武の満面の笑みに含み笑いをかえして深芳野は膝をつき、なかば放心している新九郎の背を叩いた。体格もあり、そのへんの男よりもよほど力があるがゆえに小気味よい音が響き、鈴虫の音がやんだ。
 新九郎は気付いた。深芳野が頼武に注ぐ眼差しがいままでのものとはまったく違うことに。
 蝦蟇(がま)蛙扱いされていた(しこ)()であるが、新九郎から見ても妙に魅力的である。
 それはそうだ──と新九郎は得心する。狼狽(うろた)えてばかりでいばりを連発する自分とちがって、美濃一国を賭けるという起請文を書こうという豪胆ぶりである。新九郎は頼武に虚心坦懐な声をかける。
「まさに真剣勝負でございますね」
「うん。博奕の勝ち負けと神仏に対する誓いの重みはいっしょだ」
「ではこの俺も、この勝負に負けたら、命を差しだすという起請文を起こさねばなりますまいな」
「ん。前段の梵天帝釈、四大天王、総日本国中六十余州大小神祇云々は、この頼武が書いてやるよ」
「はい。それで心置きなく勝負ができるというもの」
 頼武は大仰に顎を引いて、ぐっと仰け反ってみせた。
「怖いなあ。目つきが違う。新九郎は本気で美濃国を獲るつもりでおるぞ」
「退屈な勝負でしたけれど、ようやく肌が張り詰めてまいりました」
 おまえに言えた義理かと苦笑いを隠さず、頼武は指摘する。
「退屈だったのは誰ぞのせいであって、余のせいではないぞ」
「もちろん。新九郎が弱すぎたせいです」
「物事は拮抗しておらぬと、欠伸たらたらではあるな」
「言いたい放題でございますな。が、いまの新九郎は、先ほどまでの新九郎とは別人でございます」
「それがまことかどうかは、鈴虫が判じてくれるわ」
 新九郎の黒眼がわずかに上方に動いた。真顔で問いかける。
 

記事一覧
△ 芥川賞作家・花村萬月が書き下ろし! 新感覚時代小説【くちばみ 第12回】 | P+D MAGAZINE TOPへ