本との偶然の出会いをWEB上でも

芥川賞作家・花村萬月が書き下ろし! 新感覚時代小説【くちばみ 第15回】

古く蝮をくちばみという。戦国時代、「美濃の蝮」と恐れられ、非情なまでの下剋上を成し遂げた乱世の巨魁・斎藤道三の、血と策謀の生涯を描く! 油売りをして食い繋いだ極貧の幼少期を経て、新九郎(のちの道三)は父と二人、国盗りの野望を抱いて美濃へ入った。側室・深芳野を介して、土岐頼芸の懐に入り込んだ新九郎は、自ら企てた戦に勝利し頼芸を美濃守護の座に着けることに成功。続いて、小守護代・長井長弘を謀反の罪に陥れ、邪魔者を消していく……。

くちばみ新メインビジュアル

   24

 当然ながら、長井長弘の首を落とされた長井一族は猛り狂った。上意討ちであると開きなおっても、酒色に耽ることを長弘に教え込んだのは新九郎であるとわかっているから、そう簡単に納得しない。
 なによりも長井長弘の父である斎藤利隆は美濃守護代である。守護に次ぐ立場にある守護代を擁している長井一族だ。上意討ちなどと吹聴されようが、実際に頼芸(よりなり)の奉書があろうが、当の頼芸は臆病風に吹かれて事態収拾の沙汰を発するわけでもなく、これでは事がおさまるはずもない。
 けれど斎藤利隆は長井長弘に輪をかけた温厚な人物であり、しかも新九郎と昵懇の常在寺の(にち)()は利隆の弟であった。
 日護は新九郎の企みであることを当然察していたが、長井一族からはじかれて僧侶にされてしまったという(ひそ)かな怨みを抱いていたこともあって、またなによりも新九郎を好いていたので、兄に短慮は慎めと諭した。斎藤利隆は一族の怒りと裏腹に実際に事を起こす気配を見せなかった。
 若干蛇足の気配ありであるが、斎藤利隆は長井長弘の父にして日護の兄という入り組んだ関係に加えて、じつは当の新九郎の父であるとする説も根強い。美濃国雑事記の長井系図や古代氏族系譜集成に、道三は斎藤利隆の子であると記されているのである。
 こうなると斎藤道三の国盗りなど虚構の最たるものと化してしまうが、この作品はもちろん虚構の最たるものであるから、いまさら斎藤利隆が新九郎の父であるといった事柄を取りあげるはずもない。
 が、知識として知っておいても好いであろうという判断から、あえてここに挿入しておく。断っておくが、作者が最も重要な資料として参照しているのは昭和年間に著された郷土史家らしき方の文章である。当然ながら昨今の研究成果とは年代をはじめ、まったく相容れぬ部分が多いのだが、歴史小説ではなく時代小説であり時代劇である。物語を貫徹させていただくこととしよう。さて長井一族が大騒ぎ──の続きである。
 斎藤利隆が動かぬということを読み切っていた新九郎は騒ぎ立てる有象無象に対して、まともに取りあうことをせず、あっさり枝広館に逃げこんだ。ほとぼりを冷ますという名目だが、先に向けてさらに頼芸を籠絡するための目論見だ。
 なんのことはない、長井長弘を酒婬で骨抜きにしたのと同様、頼芸と酒を酌み交わして博奕(ばくち)三昧、飽きれば茶を点て、詩歌や舞など(たしな)み、とことん遊び呆けた。酒婬の婬のほうは頼芸は不可能なので、逆に頼芸に対する新九郎の密着ぶりは徹底していた。
 新九郎と一緒にいられることで頼芸は有頂天であった。唯一博奕だけは頼芸が自在に操れる事柄であったが、京であれこれ仕込んだ新九郎の有識は、頼芸にとってたまらないものだった。
 油売りの下働きだけしていたならば新九郎に京仕込みの学識や趣味など身につかなかったであろうが、散所にて舞など見よう見まねで覚え具足山妙覚寺にて修行し、堺ほど先鋭的でないにせよ、京は奈良屋に婿入りして得た茶道その他の心得は、京に対する劣等感の塊である頼芸を夢中にさせるに充分であった。
 そもそも新九郎には臨機応変にあれこれ(でっ)ちあげる狡さがあった。それが遺漏なく虚飾に見えないところが新九郎の取り柄である。頼芸からすれば、新九郎という男には知らないことがない──といった錯覚をおこさせてしまうほどで、頼芸は位や立場を超えた崇敬を新九郎に抱いていた。
「もう初夏。逼塞にも()き果てました」
 迷いこんできてまとわりつく蠅を雑に追い払い、新九郎がぼやいた。もっともらしい顔で頼芸が受ける。
「あれこれ言い聞かせてはおるのだがな、奴らも名誉はともかく、長弘が仕切ることによって一族にまわってきていたあれこれが途切れることを案じておってな」
「要は阿堵物ですな」
「あとぶつ」
「その昔、西晋の宰相、王衍(おうえん)が金銭のことを忌んでこう呼んだのです」
 妙覚寺で学んだ事柄である。坊主はこのような雑学に近いことを有り難がって教え、教わるのである。
 阿堵物──と、新九郎がさらりと書いてみせると、さっそく頼芸も筆をとり、なぞるように書いて満面の笑みだ。
 知的には阿房というほどでもないが、そして自身が悧発であると信じこんでいる者にありがちではあるが、どうでもよい知識を有り難がる莫迦(ばか)は今も昔も変わらない。
「阿堵物か。おまえといると、どんどん聡くなる」
「とはいえ、この為体(ていたらく)では政務もままなりません」
「だなあ。新九郎を遊ばせておくのも、もったいないというか、なんというか」
 具体的にはなにもせぬ臆病者のくせして、もっともらしい顔つきの頼芸を見つめ、新九郎はしみじみとした口調で言う。
「本音を申せば頼芸様との通好は、まさに至交。男が男に惚れる。口幅ったいことではありますが、新九郎は頼芸様のもとから離れたくありませぬ」
 大仰かつ実のない科白(せりふ)であるが、孤独に苛まれている頼芸は横を向き、さりげなく滲んでしまった涙をごまかす。新九郎は素知らぬ顔をしてとぼけている。
「この新九郎、出来うる限り頼芸様を(おと)のうつもりでございますが、問題山積の美濃、放置しておくこともできませぬ」
「だよなあ。まったくもって、この不安定さはじつに苛立たしい。余が慾しいのは、新九郎と遊び呆けることができる平穏だ」
「ならば新九郎、喫緊の要事、長井一族を抑えこむことに致しましょう」
「できるか」
「頼芸様のために、せねばなりませぬ」
「うう──」
「どうなされました」
「泣かせよる」
「どうせなら遊び呆けて、大声で笑いあいましょう」
「わかった。で、どうする」
「長井長弘殿、死を覚悟なされて新九郎に、唯一の心残りは景弘(かげひろ)のことだ。よろしく頼む──と言い残されました」
「莫迦が(どん)()の衣を着たような(せがれ)だぞ。あんなのでも親というものは」
 頼芸にも、まだ可能なときにつくった賴秀という似たような阿房丸出しの倅がいるのである。それを念頭に、新九郎が鋭い眼差しで(たしな)める。
「皆まで申されるな」
「うむ。そうだな」
「まずは頼芸様が、この件はあくまでも上意であるとされ、長井一族は新九郎と和睦すべしと強要していただきたい。一族がそれを受け容れる受け容れぬはどうでもよいのです。一族に上意を(ほう)()にする気があるならば、守護として思い致すところがある──と迫っていただきたい」
 新九郎の強い調子に、臆したところを隠せぬ頼芸である。
「そういうのが苦手でな。されど、余がきちっと動かねば新九郎は政務どころではないわな」
 瞬きを封印して新九郎は頼芸を見つめ、大きく息を吸い、唇を真一文字に結び、おもむろに言う。
「然様。新九郎は頼芸様の、頼芸様の美濃の御役に立ちたい」
 誠実を絵に描けば、このような表情になるといった新九郎の演技に、頼芸は感極まってしまった。
「余の美濃。余の美濃であるな」
「はい。和睦はかたちだけでよろしい。和睦を押しつけて、この新九郎は強引に景弘殿の後見役におさまることと致しましょう」
 頼芸は膝を打つ。
「なるほど。長井長弘は新九郎に景弘のことをよろしく頼むと言って、首を差しだしたのだからな。家臣共も、それをちゃんと聞いていたであろうしな」
「はい。率直な気持ちを申し上げれば、御屋形様の御命令(﹅﹅﹅﹅﹅﹅﹅﹅)とはいえ、長弘殿の首を落としたことは、新九郎にとってじつに心苦しいことでございます。せめて御子息のことは、きっちり致したい」
 頼芸を御屋形様と他人行儀に呼び、さりげなく、けれどはっきり頼芸の命令であると強調することを忘れぬ新九郎である。
「景弘殿後見となれば、一族も迂闊に新九郎には手出しできませぬ」
 一呼吸おいて、頼芸にすがるような眼差しを向け、わずかに膝で(にじ)り寄り、前屈みになって静かに、しかし頼芸に恋い焦がれるといった様子を隠さずに迫る。

記事一覧
△ 芥川賞作家・花村萬月が書き下ろし! 新感覚時代小説【くちばみ 第15回】 | P+D MAGAZINE TOPへ