本との偶然の出会いをWEB上でも

文学的「今日は何の日?」【1/27~2/2】

あの名作が世に出た日。
憧れのヒロインの誕生日。
かの大作家の失恋記念日。
……そう、毎日が何かの記念日です。さて、今日は何の日でしょうか。
1月27日に始まる1週間のカレンダーを見てみましょう。

1月27日

高丘親王、唐の広州を発って天竺に向かう

貞観7年のこの日、澁澤龍彦『高丘(たかおか)親王航海記』において、高丘親王が天竺へ向け、唐の広州を船で出発しました。高丘親王は第51代平城天皇の第三皇子で、嵯峨天皇の皇太子となった実在の人物ですが、薬子(くすこ)の変によって皇太子を廃され、仏門に入って空海の弟子となりました。60歳を過ぎてさらなる修業を願って入唐しますが、よき師を得られず、天竺に向かったとされます。その旅の中で、現実にはあり得ない犬頭人の国鳥の下半身をした女などが現れる幻想に耽るうち、病床に伏せるようになった親王が考えたこととは……。遺作であり、また評伝『龍彦親王航海記』のタイトルにも使われる、澁澤の代表作です。

20200127
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4167909251/

<関連記事>
【澁澤龍彦のオススメ作品】エロスや幻想…人間の本質に迫る
【澁澤龍彦の生涯】破天荒なシュールレアリスト

 

1月28日

グレーテ・ダンネベルグ夫人毒殺の第一報が入る

日本探偵小説における三大奇書のひとつとされる、小栗虫太郎『黒死館殺人事件』(ふり)()()家の館「黒死館」でのグレーテ・ダンネベルグ夫人毒殺事件が探偵・法水(のりみず)麟太郎に知らされるのが1月28日です。夫人の死の前年に当主の算哲が自殺して以来、この館には不穏な空気が垂れ込めていました。神奈川県高座郡にある、ボスポラス以東で唯一のケルト・ルネサンス式大城館「黒死館」で繰り広げられる、ペダンティックでミステリアスな連続殺人と、超論理の推理ドラマ。あなたは最後までついていけますか?

20200128
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4309409059/

 

1月29日

反戦文学の金字塔『西部戦線異状なし』が刊行される

1929年の今日、エーリヒ・マリア・レマルク『西部戦線異状なし』がドイツで出版されました。18歳の学生パウル・ボイメルは担任教師カントレットの愛国的演説に煽られて級友たちと共に志願兵となり、第一次世界大戦中の西部戦線に送り込まれます。目の前で友人が落命し、あるいは脚を失って、否応なしに戦争の現実に向き合わされていくパウル。悲惨な現実にもかかわらず、司令部には「西部戦線異状なし 報告すべき件なし」とのみ報告される戦争の非情さが、淡々と描かれています。発売されるや世界的なベストセラーとなり、映画化もされました。

20200129
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4102125019/

 

1月30日

W.B.イェイツとそのミューズ、モード・ゴンが出逢う

1889年のこの日、「アイルランド独立運動のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた活動家モード・ゴンと、詩人W.B.イェイツが出逢いました。このときイェイツ23歳、モードは22歳。「実在する女性にこれほど美しい(ひと)が存在するとは思ってもみなかった」イェイツは心を奪われ、2年後には求婚します。年上の恋人がいたモードはこれを断りますが、その後もイェイツは彼女を愛し続けて求婚を繰り返し、50歳過ぎまで独身を通したほどでした。イェイツが書いた愛の詩はそのほとんどが彼女に捧げたもの。彼女こそイェイツにとってミューズ(芸術の女神)そのものだったのです。

20200130
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4336058865/

 

1月31日

チャーリー・バケツ少年はチョコレート工場見学に行けるのか!?

1973年のこの日に、ロアルド・ダール作の『チョコレート工場の秘密』において、チャーリー・バケツ少年に奇跡としかいいようのない出来事が起こりました。世界一のチョコレート発明家であるウィリー・ワンカ氏は、自身のチョコレート工場見学に5名の子供を招待すると発表していました。招待状代わりの黄金切符は、ワンカ氏のチョコレートに入っています。ですがバケツ家は貧しく、チャーリーは年に一度、誕生日プレゼントにチョコレートを1枚買ってもらうのがやっとなのです。表を通るだけで甘い香りに包まれる、憧れのチョコレート工場。チャーリーに訪れる奇跡とは……?

20200131
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4566014118/

 

2月1日

レディ・ヴェイン号が漂流船と衝突、難破する

1887年のこの日、H.G.ウェルズ『モロー博士の島』において、貨物船レディ・ヴェイン号がペルー沖の赤道近くで漂流船と衝突し、難破しました。救命ボートで脱出したエドワード・プレンディックは数日の漂流ののち、あやしげな貿易船に救助されますが、どこともわからぬ島で降ろされてしまいます。そこは動物を使った残酷な生体解剖実験が露見して、学界から追われた生物学者モロー博士の生物実験場でした。博士の実験によって人間のように改造された、犬や豹などの動物たち。プレンディックは、無事に島を脱出することができるのでしょうか?

20200201
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4036521403/

<関連記事>
VR、ポスト・アポカリプス……、知るともっと楽しいSF用語辞典

 

2月2日

奥方さまの秘密につけこんだ女髪結いが仕掛ける恋のワナ

2月2日「きさらぎふつか」といい、明暦の大火(1657年)以前は半年または一年契約で奉公に出る人の契約更新の日でした。井原西鶴『好色一代女』に描かれた、この日に髪結いとして一年契約でお屋敷奉公に上がった女の話を見てみましょう。この女は、若く、美しく、優しい奥方さまから思いがけない秘密――実は深刻な薄毛で、夫に内緒でを使っている――を打ち明けられます。奥方を気の毒に思った女は心をこめて仕えますが、奥方のほうでは女の豊かな黒髪への嫉妬が抑えられなくなっていきます。奥方の嫉妬ゆえの理不尽な要求に耐えられなくなった女は、ワナを仕掛けて反撃に出ます。結果はいかに?

20200202
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4044082014/

<関連記事>
抱いた女の数は光源氏超え?『好色一代男』の主人公、世之介からモテテクニックを学ぶ【文学恋愛講座#7】

 

<文学ウィークリーカレンダー記事一覧はこちら>
                                            

記事一覧
△ 文学的「今日は何の日?」【1/27~2/2】 | P+D MAGAZINE TOPへ