本との偶然の出会いをWEB上でも

【ランキング】浜辺で読みたい“Beach reads”に注目!ブックレビューfromNY<第31回>

NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの31回目。バケーション中に浜辺やビーチサイドで読むのにふさわしい本“Beach reads”のコーナーで、今いちばん売れている作品を解説します!

<第31回>99歳で死んだ女性資産家の過去と遺産の行方

The High Tide Club 書影1
The High Tide Club/ by Mary Kay Andrews
St. Martin’s. 2018.480ページ. US$27.99

今月のベストセラー事情

今月の「ニューヨーク・タイムズ ベストセラー事情」は、ハードカバー・フィクション部門のトップ10 (2018年6月3日の週)[1]を紹介する。

1.The Cast

By Danielle Steel
Delacorte

2回の離婚経験のあるケイトは雑誌に自分のコラムを持っていて全国にファンがたくさんいる。コラムの仕事が好きだし、成長して手のかからなくなった2人の子供たちと過ごす時間も楽しい。あるとき、ロサンゼルスからマンハッタンに来ていたテレビ・プロデューサーのザックに、ケイトは自分の祖母の実話をもとにして書いたストーリーのアウトラインを見せた。そのストーリーのテレビ映画化が決まり、ケイトは突然、テレビ業界というカラフルな世界に足を踏み入れることになった……。
(ベストセラー初登場)


2.The 17th Suspect

By James Patterson and Maxine Paetro
Little, Brown

サンフランシスコで銃による連続殺人事件が起きた。妻であり、幼い女の子の母でもある警察官のリンゼイ・ボクスターは、再び女友達「女性殺人クラブ」のメンバーの助けを借りて事件を解決していく。シリーズ17作目。
(ベストセラー3週目)


3.The Fallen

By David Baldacco
Grand Central

メモリー・マンと呼ばれ、見聞きしたことを忘れることのできないエイモス・デッカーとジャーナリストの友人アレックス・ジャミソンはペンシルベニアの小さな町バロンビルに住んでいるアレックスの姉(妹)を訪ねた。家の外でアレックスの8歳の姪とおしゃべりをしていたデッカーは、向かいの家の窓に火花のようなものを見た。そして行ってみると、家の中には男の死体が2つあった……。「エイモス・デッカー」シリーズ4作目。


4.By Invitation Only

By Dorothea Benton Frank
Morrow

サウスカロライナの農家のスティフテル家では息子のフレッドの婚約を祝うバーベキュー・パーティが開かれていた。婚約者のシェルビー・カンブリアはシカゴの富豪の一人娘。しばらくして今度はシカゴで2回目の婚約パーティがカンブリア家主催で開かれた。若いカップルと双方の家族の物語。
(ベストセラー初登場)


5.The High Tide Club

By Mary Kay Andrews
St. Martin’s

ある日突然99歳の女性資産家のジョセフィン・ベッテンドルフ・ウォリックから弁護士のブルック・トラップネルに仕事依頼の電話がかかってきた……。
(ベストセラー2週目)


6.Twisted Prey

By John Standford
Putnam

連邦保安官のルーカス・ダベンポートは宿敵と再び対峙することになった。宿敵とは今や合衆国上院議員になっている、金持ちで反社会的傾向のある精神異常者のタリン・グラントで、彼女は少なくとも3件の殺人事件を起こしているとルーカスは疑っているが、証拠がない。「ルーカス・ダベンポート」シリーズ28作目。
(ベストセラー4週目)


7.Before We Were Yours

By Lisa Wingate
Ballantine

サウスカロライナ州選出の上院議員の娘エイブリー・スタフォードはメリーランドで連邦検事として活躍、幼馴染の婚約者との結婚式も間近だ。しかし、父親の病気で家に戻ったとき、彼女は家族の隠された過去に気づくのだった。テネシー州メンフィスの孤児院が貧しい家の子供を無理やり親から引き離し裕福な家庭に売り渡していたという忌まわしい実話に基づき書かれた小説。
(ベストセラー35週目)


8.Little Fires Everywhere

By Celeste Ng
Penguin Press

クリーブランドの郊外のシェイカー・ハイツはすべてが区画どおりで平穏な住宅地だった。そこにアーティストでシングルマザーのミア・ウォーレンと娘のパールが引っ越してきた。ミステリアスな過去を持ち、自分を貫く態度を取るミアに対し、ルール重視のミセス・リチャードソンは、彼女の過去を暴くことで対抗しようとしたが……。
(ベストセラー31週目)


9.Warlight

By Michael Ondaatje
Knopf

1945年のロンドン、14歳のナサニエルと妹のレイチェルは両親に捨てられ、「蛾」(‟The Moth”)と名乗る謎の男とエキセントリックな仲間たちに育てられた。そして12年後、ナサニエルは次第に14歳の当時知らなかったことや理解できなかったことが分かり始めてきた。
(ベストセラー2週目)


10.The Crooked Staircase

By Dean Koontz
Bantam

人の心を操作し殺人者や自殺者に変えてしまう奇妙な疫病のようなものが国中に蔓延し始め、ジェーンの夫もその犠牲者の一人になった。原因を突き止めようとFBIを休職したジェーンは、今やお尋ね者となり、政府をも敵に回して正義のために一人孤独な戦いを余儀なくされた。「ジェーン・ホーク」シリーズ3作目。
(ベストセラー2週目)


35週目に入ったロング・セラーの2作品、“Before We Were Yours” (7位)と“Little Fires Everywhere”(8位)はともに安定してベストセラー・リストにとどまっている。加えて、先月のリストから1作品、“The Fallen”(3位、5週目)がベストセラーにとどまっている。その他の7作品は、ここ4週間以内にベストセラー入りをした新作だ。

今月は、5位(先週ベストセラー3位で初登場)のメアリー・ケイ・アンドリューズの“The High Tide Club”を紹介したいと思う。米国は5月の最後の月曜日がメモリアル・デーで休日、この日から夏が始まるとされている。大学は5月から、それ以外の学校も6月から夏休みが始まるので、もうすでに、だれもが夏のバケーション気分になっている。書店にはバケーション中に浜辺やプールサイドで読むのにふさわしい本 “Beach reads”のコーナーができている。“The High Tide Club”はBeach readsのなかでも今、一番売れている作品である。

[1]“A version of this list appears in the June 3, 2018 issue of The New York Times Book Review. Rankings reflect sales for the week ending May 19, 2018. Lists are published early online.” (このベストセラー・リストは2018年6月3日のニューヨーク・タイムズ紙ブックレビュー欄に掲載。リストは2018年5月19日で終わる週の売り上げをもとに作成されている)

記事一覧
△ 【ランキング】浜辺で読みたい“Beach reads”に注目!ブックレビューfromNY<第31回> | P+D MAGAZINE TOPへ