本との偶然の出会いをWEB上でも

【ランキング】『プラダを着た悪魔』の続編に注目!ブックレビューfromNY<第33回>

NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの33回目。今回は、日本でも映画が大ヒットした『プラダを着た悪魔』の続編小説を解説します!

<第33回>「プラダを着た悪魔」の、その後……

When Life Gives You Lululemons 書影1
When Life Gives You Lululemons/ by Lauren Weisberger
Simon & Schuster. 2018.513ページ. US$30.00

今月のベストセラー事情

今月の「ニューヨーク・タイムズ ベストセラー事情」は、ハードカバー・フィクション部門のトップ10 (2018年8月5日の週)[1]を紹介する。

1.The Other Woman

By Daniel Silva
Harper

スペインのアンダルシア州の山奥、謎のフランス人の女性がかつて愛した男についての回顧録を書こうとしていた。遠い昔、KGBは西側に1人のスパイを潜り込ませた。そして、その男が今や西側で権力を持つ立場になっていた。その陰謀を暴くことができるのは、イスラエルの諜報機関のトップになっている、美術修復家でありスパイのガブリエル・アロンだけだ。「ガブリエル・アロン」シリーズ18作目。
(ベストセラー初登場)


2.The President is Missing

By Bill Clinton and James Patterson
Little, Brown and Knopf

サイバー攻撃の危機にさらされる米国。一方米国下院特別調査委員会ではジョナサン・ダンカン大統領に対する弾劾を審議していた。そのような状況下、突然姿を消したダンカン大統領。元米国大統領ビル・クリントンとベストセラー作家ジェイムズ・パタースン共著の政治サスペンス小説。
(ベストセラー7週目)


3.Cottage by the Sea

By Mike Debbie Macomber
Ballantine

悲しい出来事の後、アニーは子供のころ家族と過ごした夏の別荘へ移り住んだ。そこでアニーは新しい友人たちに恵まれロマンスも生まれた。そして次第に心の傷は癒やされていったのだった。
(ベストセラー初登場)


4.The Outsider

By Stephen King
Scribner

11歳の男の子が公園で殺害された。目撃情報、DNA鑑定結果、指紋からリトル・リーグのコーチのテリー・メイトランドが容疑者として逮捕された。しかし、メイトランドには完璧なアリバイがあった……。
(ベストセラー9週目)


5.The Perfect Couple

By Elin Hilderbrand
Little, Brown

ウェディング・シーズンでもあり、夏のナンタケット島はリゾート客で大賑わいだった。ある豪華なウェディングが始まる数時間前、港で死体が発見され、そのウェディングの参加者すべてが容疑者になってしまった……。
(ベストセラー3週目)


6.All We Ever Wanted

By Emily Gliffin
Ballantine

ニーナ・ブラウニングは裕福な夫とプリンストン大学に入学が決まった息子とともに幸せな生活を送っていた。トム・ヴォルペはシングル・ファーザーで、強情な娘のライラを育てるのに苦労していたが、やっとライラが名門私立学校の奨学金を獲得することになりホッとしていた。ところが、あるパーティで撮られた写真がこの2つの家族をスキャンダルの渦に巻き込んでいった……。
(ベストセラー4週目)


7.Spymaster

By Brad Thor
Emily Bestler/Atria

ヨーロッパで、ある秘密組織が外交官を次々と襲撃するようになっていた。対テロの諜報員スコット・ハーヴァスは意に反し、この件に関わる羽目に陥った。Scot Harvathシリーズ17作目。
(ベストセラー3週目)


8.Clock Dance

By Anne Tyler
Knopf

子供の時から50年にわたり、大事が起こるたびに、自分の意志で道を切り開いてきたウィラ・ドレイクのほろ苦い人生の物語。
(ベストセラー2週目)


9.The Good Fight

By Danielle Steel
Delacorte

マンハッタンの有名な弁護士を父と祖父に持つメレディス・マッケンジーは子供のころから女性として最良の人生(良い学校、社交界、エリートとの結婚)を約束されていた。しかし、彼女は次第に激動の1960年代を公民権運動、ベトナム戦争反対運動、女性の地位向上運動のために戦う女性に成長していった。
(ベストセラー2週目)


10.When Life Gives You Lululemons

By Lauren Weisberger
Simon & Schuster

「プラダを着た悪魔」では、主人公のアンドレア・サックスに、ファッション誌「ランウェイ」編集長の第一アシスタントの地位を奪われそうになったエミリー・チャールトンだったが、しばらくして「ランウェイ」誌を退職、ハリウッドでイメージ・コンサルタントとして大成功を収めていた。しかし、最近主要なクライアントを失ったエミリーは新しいクライアントの住んでいる東部コネティカット州郊外の裕福な住宅地グリニッジに滞在し……。
(ベストセラー7週目)


先月のリストから3作品がリストに残っている。先月レビューをした“The President is Missing”は7週目に入った今なお2位の座を保って強い存在感を示し、2位だった“The Outsider”も今月4位で着実な売り上げを示している。先週、発売2週目で10位に入っていた“When Life Gives You Lululemons”は、7週目に入った今週も同じく10位で、しぶとくリストに残っている。

というわけで、今週はこの“When Life Gives You Lululemons”を取り上げたいと思う。作者ローレン・ワイズバーガーは1977年ペンシルベニア州生まれ。2003年に最初の小説“The Devil Wears Prada”(邦題:プラダを着た悪魔)を出版、一躍ベストセラー作家となった。架空のファッション誌「ランウェイ」を舞台にしたこの小説は、作者が「ヴォ―グ」誌で編集長アナ・ウィンターのアシスタントとして1年弱働いた経験をもとに書かれている。『プラダを着た悪魔』は2006年に映画化され、米国で1億2500万ドル、世界的には3億2600万ドルの興行収入を誇る大ヒット作[2]となった。エルトン・ジョンは、この作品をブロードウェイ・ミュージカルにすることを昨年発表し[3]、現在準備が進行中だ[4]。ワイズバーガーの最新作“When Life Gives You Lululemons”では、『プラダを着た悪魔』で「ランウェイ」誌編集長のミランダ・プリーストリー(悪魔)の第一アシスタントだったエミリー・チャールトンが主人公になっている。

[1]“A version of this list appears in the August 5, 2018 issue of The New York Times Book Review. Rankings reflect sales for the week ending July 21, 2018. Lists are published early online.” (このベストセラー・リストは2018年8月5日のニューヨーク・タイムズ紙ブックレビュー欄に掲載。リストは2018年7月21日で終わる週の売り上げをもとに作成されている。)
[2]https://en.wikipedia.org/wiki/Lauren_Weisberger
[3]http://www.playbill.com/article/elton-john-and-paul-rudnick-are-writing-devil-wears-prada-musical
[4]https://www.broadway.com/buzz/187412/elton-john-paul-rudnick-team-up-to-write-the-devil-wears-prada-broadway-musical/

記事一覧
△ 【ランキング】『プラダを着た悪魔』の続編に注目!ブックレビューfromNY<第33回> | P+D MAGAZINE TOPへ