本との偶然の出会いをWEB上でも

【先取りベストセラーランキング】革命で引き裂かれた3人の女性の運命は…… ブックレビューfromNY<第42回>

NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの42回目。今回は、実在の人物をモデルにした、ロシア革命で引き裂かれた3人の女性をめぐる歴史小説を紹介します。

<第42回>実在女性をモデルにした、ロシア革命で引き裂かれたアメリカとロシア3人の女性の物語

Lost Roses 書影1
Lost Roses/ by Martha Hall Kelly
Ballantine, 2019.448ページ. US$28.00

今月のベストセラー事情

今月の「ニューヨーク・タイムズ ベストセラー事情」は、ハードカバー・フィクション部門のトップ10 (2019年5月5日の週)[1]を紹介する。

1.Redemption

By David Baldacci
Grand Central

見聞きしたことを決して忘れないメモリー・マンと呼ばれるエイモス・デッカーは新米警察官だった時に犯したかもしれない間違いが、今になって、新たな犯罪につながっていることに気付いた。「エイモス・デッカー」シリーズ5作目。
(ベストセラー初登場)


2.Where the Crawdads Sing

By Delia Owens
Putnam

1969年、ノースカロライナ州の静かな町でチェース・アンドリュースの死体が発見された時、地元の人たちは、湿地帯で一人暮らしをし、「湿地帯の娘」と呼ばれていた若い女性を犯人だと思った。
(ベストセラー33週目)


3.Normal People

By Sally Rooney
Hogarth

高校時代、サッカー選手で人気者だったコネルと孤独でプライドの高いマリアンヌはお互いに意識しながら無視しあっていた。そして2人は1年後、ダブリンにあるトリニティ大学で学んでいた……。
(ベストセラー初登場)


4.Lost Roses

By Martha Hall Kelly
Ballantine

2016年ベストセラーとなった“Lilac Girls”の主人公キャロライン・フェリデーの母親イライザが登場する最新作。ロシア革命前後の混乱の中で、音信不通になったロシア人の友人家族を気遣いながら、ロシアから亡命してきた女性達の救済に尽力した実在のイライザ・フェリデーを中心にした歴史小説。


5.Star Wars: Master & Apprentice

By Claudia Gray
Del Rey

ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンとその弟子のオビ=ワン・ケノービの絆は惑星ピジャルの宮廷で試されることとなった。スター・ウォーズ エピソード1『ファントム・メナス』より以前の出来事。
(ベストセラー初登場)


6.Someone Knows

By Lisa Scottoline
Putnam

20年前、フィラデルフィアの郊外で親しい友達4人が夏を一緒に過ごし、そして悲劇が起こった。そのことは4人の秘密となり、罪悪感と猜疑心から4人は別れ別れになった。しかし、そのうちの一人が拳銃自殺をした時、過去の秘密が暴かれることになった。
(ベストセラー2週目)


7.Run Away

By Harlan Coben
Grand Central

薬物中毒で暴力的なボーイフレンドを持っていた彼女は姿を消した。セントラルパークでギターを弾いている彼女を偶然目にした主人公は、親として、彼女を家に引き戻そうと追いかけ、そして危険な世界に足を踏み入れてしまった。
(ベストセラー5週目)


8.The Silent Patient

By Alex Michaelides
Celadon

アリシア・ベレンソンは有名な画家で、今を時めくファッション・フォトグラファーの夫を持ち、ロンドンの一等地に住み、幸せの絶頂のように見えた。しかしある夜、帰宅した夫のガブリエルの顔面に、アリシアは5発の銃弾を撃ち込んだ。そしてその後、彼女は一言も話さなくなった。犯罪心療内科医のセオ・フェイバーはアリシアの治療をすることになった。
(ベストセラー11週目)


9.Celtic Empire

By Clive Cussler and Dirk Cussler
Putnam

エルサルバドルでの国連の科学者チームに対する殺人、デトロイトで起きた水路での事故、ナイルの遺跡への攻撃、これらの一連の出来事は、関連性があるのだろうか? 答えは3000年前のエジプトの王女の物語の中に? 「ダーク・ピット」シリーズ25作目。
(ベストセラー5週目)


10.The Cornwalls Are Gone

By James Patterson and Brendan DuBois
Little, Brown

陸軍情報将校のエイミー・コーンウォールズの夫と娘が誘拐され、2人を助けるために、エイミーは犯人の指示通りの行動をしなければならなかった。エイミー・コーンウォールズを主人公にしたシリーズの第1作目。
(ベストセラー4週目)


今月のリストで2位の“Where the Crawdads Sing” はベストセラー33週目に入っている。先週からリストに残っている“The Silent Patient”は11週目に入り、ロングセラーの兆しが見える。10位以内からは落ちたが、12位と13位には、すでにこのコラムで取り上げたことのある“Fire and Blood”(17週目)と、先月取り上げた“Daisy Jones & The Six” (7週目)がそれぞれランクされている。

今月は、先週3位で初登場し、今週4位の“Lost Roses” を紹介したい。

[1]“A version of this list appears in the May 5, 2019 issue of The New York Times Book Review. Rankings reflect sales for the week ending April 20, 2019. Lists are published early online.” (このベストセラー・リストは2019年5月5日のニューヨーク・タイムズ紙ブックレビュー欄に掲載。リストは2019年4月20日で終わる週の売り上げをもとに作成されている。)

記事一覧
△ 【先取りベストセラーランキング】革命で引き裂かれた3人の女性の運命は…… ブックレビューfromNY<第42回> | P+D MAGAZINE TOPへ