本との偶然の出会いをWEB上でも

【先取りベストセラーランキング】アメリカにおけるイマドキの仕事と恋の人種格差事情 ブックレビューfromNY<第52回>

NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの52回目。今回は、現代アメリカ社会の複雑な人種格差を描いた小説を紹介します。

<第52回>ネット社会のアメリカ、仕事と恋のイマドキ人種格差

図1
Such a Fun Age/ by Kiley Reid
Putnam, 2019.320ページ. US$26.00

今月のベストセラー事情

今月の「ニューヨーク・タイムズ ベストセラー事情」は、ハードカバー・フィクション部門のトップ10 (2020 年3月1日の週)[1]を紹介する。

1.Where the Crawdads Sing

By Delia Owens
Putnam

1969年、ノースカロライナ州の静かな町でチェース・アンドリュースの死体が発見された時、地元の人たちは、湿地帯で一人暮らしをし、「湿地帯の娘」と呼ばれていた若い女性を犯人だと思った。
(ベストセラー76週目)


2.American Dirt

By Jeanine Cummins
Flatiron

メキシコのアカプルコで書店を経営しているリディアは、夫と一人息子ルカとともに幸せに暮らしていた。しかし、ジャーナリストの夫が地元の麻薬組織のボス、ジャビエルについての暴露記事を書いたために、彼女とルカはジャビエルに狙われる。魔の手を逃れて、多くのメキシコ難民とともに国境を越え、米国に不法入国した。
(ベストセラー4週目)


3.Golden in Death

By J.D. Robb
St. Martin’s

小児科医に金色の卵のおもちゃが送られてきた。卵は半分に割れ、中から有毒ガスが発散、ガスを吸い込んだ医師は死亡した。そして、同様の事件がもう1件起きた。刑事イヴ・ダラスが主人公の「In Death」シリーズ50作目。
(ベストセラー2週目)


4.Silent Patient

By Alex Michaelides
Celadon

アリシア・ベレンソンは有名な画家で、今を時めくファッション・フォトグラファーの夫を持ち、ロンドンの一等地に住み、幸せの絶頂のように見えた。しかしある夜、帰宅した夫のガブリエルの顔面に、アリシアは5発の銃弾を撃ち込んだ。そしてその後、彼女は一言も話さなくなった。犯罪心理療法士のセオ・フェイバーはアリシアの治療をすることになった。
(ベストセラー37週目)


5.The Dutch House

By Ann Patchett
Harper

第二次大戦後、シリル・コンロイは貧しさの中から巨大な富を築き上げ、フィラデルフィアの郊外にオランダ人によって建てられた邸宅を購入した。息子のダニーとその姉のミーヴは成人になった時、生まれ育ったこの家から去った。そして裕福だった姉弟はたちまちにして財産を失った。その後50年間、貧しさの中でお互いを慰めあっていた姉弟は、ついに試練の時を迎えた……。
(ベストセラー21週目)


6.Crooked River

By Douglas Preston and Lincoln Child
Grand Central

特別捜査官ペンダーガストはフロリダの西海岸で起こった奇妙な事件を捜査するように言われた。何ダースもの切り取られた人の足がフロリダの海岸に流れ着いたのだった。「ペンダーガスト」シリーズ19作目。
(ベストセラー2週目)


7.The Guardians

By John Grisham
Doubleday

フロリダ北部の小さな町で若い弁護士がオフィスで銃殺された。犯人は何の痕跡も残さず現場を立ち去り、目撃者もいなかった。しばらくして、警察はクィンシー・ミラーという名の若い黒人の男を逮捕した。クィンシーは無実を訴えたにもかかわらず、終身刑の判決を受けた。22年後、彼は獄中から「ガーディアン」という名の小さなグループに無実を訴える手紙を書いた。グループの創設者、弁護士であり牧師のカレン・ポストは、この件を調査するためにフロリダに向かった……。
(ベストセラー18週目)


8.Such a Fun Age

By Kiley Reid
Putnam

25歳の黒人女性エミラは裕福な白人のベビーシッターをしている。ある夜、ベビーシッター中に2歳の女の子を連れて高級スーパーマーケットに入ったエミラは、誘拐犯に間違われてしまった……。
(ベストセラー7週目)


9.The Long Petal of the Sea

By Isabel Allende
Ballantine

1930年代の終わり、スペイン内乱後の混乱のなかで、多くの人がスペインから逃れた。そのうちの1人、若い妊娠中の未亡人ロゼールは、亡くなった夫の兄弟ヴィクターとともに船に乗り、南米チリに逃れた。
(ベストセラー4週目)


10.Weather

By Jenny Offill
Knopf

リジーは大学図書館の司書をしているが、元メンターだったシルビアに頼まれて彼女のポッドキャストに寄せられる相談に答える仕事もしている……。
(ベストセラー初登場)


ベストセラー76週目になる“Where the Crawdads Sing”は相変わらず1位の座を保っている。4位の”The Silent Patient”は37週目に入り、ロングセラーを続けている。“The Dutch House”と”The Guardians”もそれぞれ21週目と18週目で快調だ。

今月は、2019年12月31日に出版されたカイリー・リードの“Such a Fun Age”を紹介したい。ベストセラー7週目に入っている。

[1]“A version of this list appears in the March 1, 2020 issue of The New York Times Book Review. Rankings reflect sales for the week ending February 15, 2020.” (このベストセラー・リストは2020年3月1日のニューヨーク・タイムズ紙ブックレビュー欄に掲載。リストは2020年2月15日で終わる週の売り上げをもとに作成されている。)

記事一覧
△ 【先取りベストセラーランキング】アメリカにおけるイマドキの仕事と恋の人種格差事情 ブックレビューfromNY<第52回> | P+D MAGAZINE TOPへ