本との偶然の出会いをWEB上でも

【先取りベストセラーランキング】ハリケーン後に死体で発見された小説家と消えた遺稿 ブックレビューfromNY<第55回>

NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの55回目。大型ハリケーンが過ぎた翌朝、死体となって発見された小説家。当初は死因がハリケーンよるものと思われたが……。息詰まるスリラー・サスペンス小説!

<第55回>ハリケーンの翌朝、死体で発見された小説家の遺稿が語る真実とは


Camino Winds/ by John Grisham
Grand Central, 2020.292ページ. US$28.95

今月のベストセラー事情

今月の「ニューヨーク・タイムズ ベストセラー事情」は、ハードカバー・フィクション部門のトップ10 (2020 年6月7日の週)[1]を紹介する。

1.Where the Crawdads Sing

By Delia Owens
Putnam

1969年、ノースカロライナ州の静かな町でチェース・アンドリュースの死体が発見された時、地元の人たちは、湿地帯で一人暮らしをし、《湿地帯の娘》と呼ばれていた若い女性を犯人だと思った。
(ベストセラー90週目)


2.Camino Winds

By john Grisham
Doubleday

カミノ・アイランドを大型ハリケーンが襲った翌朝、小説家ネルソン・カーが死体で発見された。強風で折れた大量の木の枝や瓦礫の中に横たわっていたので、一見、ハリケーンによって死んだと思われた。しかし島の書店主ブルース・ケーブルとその仲間は、ネルソンが殺されたのではないかと疑った……。3年前ベストセラーとなったCamino Islandの続編。
(ベストセラー4週目)


3.If It Bleeds

By Stephen King
Scribner

4編の中編小説を収めた小説集。その中の1つ、本と同じタイトルの作品には、昨年ベストセラーになったThe Outsiderで活躍した私立探偵ホリー・ギブニーと刑事ラルフ・アンダーソンが登場する。その他“Mr. Harrigan’s Phone”、”The Life of Chuck”、“Rat”の3作品が収められている。
(ベストセラー5週目)


4.Walk the Wire

By David Baldacci
Grand Central

見聞きしたことをすべて記憶しているので《メモリーマン》と呼ばれているエイモス・デッカーとFBIでパートナーを組んでいる捜査官アレックス・ジャミソンは石油で好景気に沸くノースダコタ州ロンドンで起こった陰惨な殺人事件を捜査することになった。「エイモス・デッカー」シリーズ6作目。
(ベストセラー5週目)


5.Big Summer

By Jennifer Weiner
Atria

喧嘩をして6年間口もきいていなかったドゥルーがある日笑顔で現れ、ダフニに結婚式の花嫁付添人になってほしいと頼んだ……。
(ベストセラー3週目)


6.The 20th Victim

By James Patterson and Maxine Paetro
Little, Brown

連続殺人はサンフランシスコから始まった。射殺されたのは例外なく、違法行為や殺人に関わってきた人たちだった。犯人は悪者なのかそれとも悪を裁くヒーローなのか? サンフランシスコ市警の女性刑事リンゼイ・ボクサーとその友人たちが活躍する「女性殺人倶楽部」シリーズ20作目。
(ベストセラー3週目)


7.American Dirt

By Jeanine Cummins
Flatiron

メキシコのアカプルコで書店を経営していたリディアは、夫と一人息子ルカと幸せに暮らしていた。しかし、ジャーナリストの夫が地元の麻薬組織(カルテル)の首領ハビエルについての記事を書いたため、夫を含む親族16人を殺害された。生き残ったリディアとルカはハビエルの魔の手を逃れて、中南米難民たちと共にメキシコを北上し、国境を越えてアメリカ合衆国に不法入国した。
(ベストセラー18週目)


8.Rodham

By Curtis Sittenfeld
Random House

もしヒラリー・ロダムがビル・クリントンと結婚していなかったら彼女はどうなっていただろうか?という想定で書かれた小説。
(ベストセラー初登場)


9.The Last Trial

By Scott Turow
Grand Central

健康や気力の衰えを感じ引退を考えていた85歳の著名な弁護士アレジャンドロ・スターンは、長年の友人でノーベル生理学・医学賞受賞者キリル・パフコ博士がインサイダー取引、不正、殺人の容疑をかけられたことを知ると彼の弁護を引き受ける決心をした。
(ベストセラー2週目)


10.All Adults Here

By Emma Straub
Riverhead

アストリッド・ストリックはスクールバスの事故を目撃した時、突然、心の奥底にしまい込んでいた何十年も前、子育てをしていた頃のことを思い出した……。
(ベストセラー3週目)


Where the Crawdads Singはベストセラー90週目で、1位の座を守り盤石だ。 American Dirtは、18週目に入っている。その他は先月のリスト以後に発売された新作ばかりだ。

今月は4週間前に1位で登場し、先週から2位になっているジョン・グリシャムのCamino Windsを取り上げたいと思う。 3年前このコラムで取り上げたCamino Islandの続編になる。

[1]“A version of this list appears in the June 7, 2020 issue of The New York Times Book Review. Rankings reflect sales for the week ending May 23, 2020.” (このベストセラー・リストは2020年6月7日のニューヨーク・タイムズ紙ブックレビュー欄に掲載。リストは2020年5月23日で終わる週の売り上げをもとに作成されている。)

記事一覧
△ 【先取りベストセラーランキング】ハリケーン後に死体で発見された小説家と消えた遺稿 ブックレビューfromNY<第55回> | P+D MAGAZINE TOPへ