本との偶然の出会いをWEB上でも

【NYのベストセラーランキングを先取り!】差別と貧困にまみれたアメリカの大恐慌時代を生き抜いた母と娘の勇気 ブックレビューfromNY<第64回>

NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの64回目。今回は、2015年に世界的なロングセラーとなった小説『ナイチンゲール』の著者、クリスティン・ハナの最新作を紹介します。

<第64回>大恐慌時代、貧しさと差別から逃れようと戦った母と娘の愛と勇気の物語


The Four Winds/ by Kristin Hannah
St. Martin’s, 2021.464ページ. US$28.99.

今月のベストセラー事情

今月の「ニューヨーク・タイムズ ベストセラー事情」は、ハードカバー・フィクション部門のトップ10 (2021 年3月7日の週)[1]を紹介する。

1.A Court of Silver Flames

By Sarah J. Maas
Bloomsbury

誇り高く、怒りっぽく、不寛容なネスタ・アーチェロンは戦士カシアンと共に閉じ込められてしまった。A Court of Thorns and Rosesシリーズ5作目。
(ベストセラー初登場)


2.The Four Winds

By Kristin Hannah
St. Martin’s

テキサスの豊かな小麦農業は、大恐慌後1930年代に入り、干ばつと砂嵐のため、壊滅的な打撃を受けた。農場主たちは、テキサスにとどまるか、新天地を求めて西海岸を目指すかの、究極の選択を迫られた。そしてエルサ・マーティネリの下した結論は?
(ベストセラー3週目)


3.The Midnight Library

By Matt Haig
Viking

生と死の境目に存在する《図書館》がある。人生に失望したノラ・シードは自殺を図り、気付いた時、その《図書館》にいた。時は真夜中0時……。
(ベストセラー12週目)


4.The Vanishing Half

By Brit Bennett
Riverhead

南部の小さな黒人コミュニティで生まれ育った双子の姉妹は16歳の時、家出をした。そして14年後、姉は故郷の黒人の町に戻って黒人の娘と暮らし、妹は白人に成りすまして白人と結婚していた。しかし、離れ離れになり全く異なった暮らしをしていた2人の運命は複雑に絡み合っていく。
(ベストセラー38週目)


5.The Sanatorium

By Sarah Pearse
Pamela Dorman

アルプスの山中、かつて何かと不気味な噂のあったサナトリウムは、今や高級ホテルになっている。エリン・ワーナーは、疎遠だった兄弟アイザックの婚約の祝いにこのホテルに招かれた。エリンがホテルに着いた翌朝、アイザックの婚約者ロールが失踪した……。
(ベストセラー3週目)


6.The Invisible Life of Addie Larue

By V.E. Schwab
Tor/Forge

1714年のフランス、アディ・ラルーは永久に生きることと引き換えに、自分が会ったことのある誰からも忘れ去られてしまうという呪いをかけられた。そして世紀、大陸、歴史にまたがる彼女の冒険が始まったが……。
(ベストセラー17週目)


7.Where the Crawdads Sing

By Delia Owens
Putnam

1969年、ノースカロライナ州の静かな町でチェース・アンドリュースの死体が発見された時、地元の人たちは、湿地帯で一人暮らしをし、《湿地帯の娘》と呼ばれていた若い女性を犯人だと思った。
(ベストセラー129週目)


8.The Russian

By James Patterson and James O. Born
Little, Brown

マイケル・ベネットはニューヨークで起こっている若い女性の連続殺人事件と同様の事件がアトランタとサンフランシスコでも起こっていることを察知した。そして殺人犯は、ベネットの結婚式に悪巧みを仕掛けようとしていた……。「マイケル・ベネット」シリーズ13作目。
(ベストセラー4週目)


9.Faithless in Death

By J.D. Robb
St. Martin’s

ニューヨーク、ウェストヴィレッジの若い彫刻家の殺人事件を担当したイブ・ダラスは、この事件が単なる衝動的殺人事件ではないことに気付き始めた……。In Deathシリーズ52作目。
(ベストセラー2週目)


10.Missing and Endangered

By J.A. Jance
Morrow

アリゾナ州、コチース郡のシェリフ、ジョアンナ・ブラディは、女子大生失踪事件に自分の娘も巻き込まれてしまったことを知った……。「ジョアンナ・ブラディ」シリーズ19作目。
(ベストセラー初登場)


超ロングセラーのWhere the Crawdads Sing(129週目)、ロングセラーへの道を着々と歩んでいるThe Vanishing Half(38週目)、そして堅調な売り上げを維持しているThe invisible Life of Addie Larue(17週目)とThe Midnight Library(12 週目)が先月からリストに残っている。

今月は、3週間前に1位で初登場し、今週2位のクリスティン・ハナの最新作、The Four Windsを紹介したい。クリスティン・ハナといえば2015年に世界的なロングセラーとなったThe Nightingale(邦題:ナイチンゲール[2])の著者として知られている。

[1]“A version of this list appears in the March 7, 2021 issue of The New York Times Book Review. Rankings reflect sales for the week ending February 20, 2021.” (このベストセラー・リストは2021年3月7日のニューヨーク・タイムズ紙ブックレビュー欄に掲載。リストは2021年2月20日で終わる週の売り上げをもとに作成されている。)
[2]『ナイチンゲール』(上下)(小学館文庫)、2016年、加藤洋子(翻訳)

記事一覧
△ 【NYのベストセラーランキングを先取り!】差別と貧困にまみれたアメリカの大恐慌時代を生き抜いた母と娘の勇気 ブックレビューfromNY<第64回> | P+D MAGAZINE TOPへ