本との偶然の出会いをWEB上でも

【NYのベストセラーランキングを先取り!】ベテラン推理小説家ネルソン・デミルが「迷路」のように複雑な連続殺人事件の謎を描く ブックレビューfromNY<第83回>

NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの83回目。ニューヨーク市警の元刑事で、FBIを退職させられたばかりの主人公、ジョン・コーリーのパラノイア的な、独りよがりで極端な認識や行動とともにストーリーが展開していく最新ミステリーを紹介します。

<第83回>FBIを退職して警備保障会社で働くことになったジョンは、連続殺人事件の迷路に入り込んだ


The Maze/ by Nelson DeMille
Scribner, 2022.415ページ. US$30.00.

今月のベストセラー事情

今月の「ニューヨーク・タイムズ ベストセラー事情」は、ハードカバー・フィクション部門のトップ10 (2022年11月6日の週)[1]を紹介する。

1.The Boys from Biloxi

By John Grisham
Doubleday

美しいビーチ、リゾート、水産業で知られたビロクシは、同時にギャンブル、売春、薬物など不正と堕落の町としても悪名高かった。そんな町で仲の良い幼馴染として育ったキースとヒューは、それぞれの父親と同じ道を歩むようになった。この町の悪の根絶を目指した検事である父親を持つキースはロースクールへ進み、犯罪組織のボスとなった父親を持つヒューは、父のクラブを手伝い、夜の世界に入っていった。
(ベストセラー初登場)


2.Demon Copperhead

By Barbara Kingsolver
Harper

アパラチア山脈南部の山の中で、ティーンエージャーのシングルマザーから生まれた赤毛の少年のサバイバル物語。チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』の現代版ともいえる作品。
(ベストセラー初登場)


3.Fairy Tale

By Stephen King
Scribner

チャーリー・リードは野球とフットボールが得意な普通の高校生だった。しかし17歳の時、丘の上の大きな家に住む孤独な老人ハワード・バウディッチと知り合ったことで、ハワードの死後、その大きな家と裏庭の小屋、そして大量の金と信じがたい話を物語るカセットテープを引き継ぐ羽目に陥った。そして、この小屋は善と悪が戦う別世界への入り口だった。
(ベストセラー7週目)


4.Long Shadows

By David Baldacci
Grand Central

メモリーマンと呼ばれ、一度見聞きしたことは決して忘れないFBIコンサルタントのエイモス・デッカーは新しいパートナーと殺人事件の捜査を始めた。「エイモス・デッカー」シリーズ7作目。
(ベストセラー2週目)


5.Dreamland

By Nicholas Sparks
Random House

音楽家を目指していたが、今は家族の小さな農場を経営し、時々気が向くとバーで演奏しているコルビーと、ナッシュビルでスターになることを夢見るシカゴの裕福な医者の娘モーガンは一目で惹かれ合った。一方、6歳の息子を連れて夫の暴力から逃れたビバリーは、一大決心をした。愛し合う若い2人と何百マイル離れた場所にいるビバリーの運命は絡み合い、思わぬ方向へ……。
(ベストセラー5週目)


6.Mad Honey

By Judi Picoult and Jennifer Finney Boylan
Ballantine

ボストンに住んでいたオリヴィアは心臓外科医の夫と別れ、一人息子のアシャーを連れてニューハンプシャーの実家に戻り、父の養蜂業を継いだ。アシャーは高校で、転校してきたリリーに一目ぼれし、リリーもアシャーに好意を持った。しかしある日、アシャーはリリー殺人の嫌疑をかけられた。
(ベストセラー3週目)


7.The Maze

By Nelson DeMille
Scribner

ニューヨーク市警の元刑事で、1か月前にFBIを退職させられたジョン・コーリーは伯父の別荘で暇を持て余していた。そこへ突然現れた、ジョンの元カノでありニューヨーク州サフォーク郡の刑事ベス・ペンローズは、ジョンに警備保障会社で私立探偵として働かないかと持ち掛けた。「ジョン・コーリー」シリーズ8作目。
(ベストセラー2週目)


8.Verity

By Colleen Hoover
Grand Central

売れない作家ローウェンは、怪我で執筆ができなくなった有名小説家ヴェリティの夫の依頼で、人気シリーズ小説を完成させる仕事を引き受けた。そして、ローウェンはヴェリティの仕事部屋で資料を探している最中、自叙伝の原稿らしきものを発見した。そこに書かれていた恐ろしい秘密とは? 2018年にペーパーバックで出版されベストセラーとなった小説の愛蔵版。
(ベストセラー4週目)


9.Our Missing Hearts

By Celeste Ng
Penguin Press

経済破綻と暴力の蔓延の後、米国では新しい法秩序が制定された。12歳のバード・ガードナーは失意の父とそのような体制下で暮らしていた。中国系アメリカ人の母は詩人だったが、彼女の詩は反体制的であるとみなされ、バードが9歳の時、姿を消した。母や彼女の詩を否定して成人したバードはある日、暗号で書かれた謎の手紙を受け取り、そこから母捜しが始まった。
(ベストセラー3週目)


10.Liberation Day

By George Saunders
Random House

9作品を収めた短編小説集。
(ベストセラー初登場)


今月は、Fairy Tale(3位)だけが先月から引き続き10位以内にランクされている。25週目になるLessons in Chemistryは14位にランクされている。それ以外は、ここ1か月の間にリスト入りした比較的新しい作品だ。

4週目で8位にランクされているVerity(『秘めた情事が終わるとき』)は、2018年にペーパーバックで出版されベストセラーとなった小説だ。今年9月に愛蔵版が出版され、4週間前、ハードカバー部門の1位でリストに初登場した。

今月は、ベテラン推理小説家ネルソン・デミルのThe Mazeを紹介したい。

[1]“A version of this list appears in the November 6, 2022 issue of The New York Times Book Review. Rankings on weekly lists reflect sales for the week ending October 22, 2022.” (このベストセラー・リストは2022年11月6日のニューヨーク・タイムズ紙ブックレビュー欄に掲載。リストは2022年10月22日で終わる週の売り上げをもとに作成されている。)

記事一覧
△ 【NYのベストセラーランキングを先取り!】ベテラン推理小説家ネルソン・デミルが「迷路」のように複雑な連続殺人事件の謎を描く ブックレビューfromNY<第83回> | P+D MAGAZINE TOPへ