本との偶然の出会いをWEB上でも

【NYのベストセラーランキングを先取り!】ガマシュ警部シリーズ最新作! スリー・パインズ村を舞台に、謎の贋作絵画をめぐって展開するサスペンス ブックレビューfromNY<第85回>

NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの85回目。今回はカナダ人小説家ルイーズ・ペニーの代表作、ケベック州警察の警部アルマン・ガマシュを主人公とする推理小説シリーズの最新作を紹介します。

<第85回>「謎の贋作絵画」をめぐって展開する、カナダのサスペンス巨匠による「ガマシュ警部」シリーズ最新作


A World of Curiosities/ by Louise Penny
Minotaur, 2022.390ページ. US$29.99

今月のベストセラー事情

今月の「ニューヨーク・タイムズ ベストセラー事情」は、ハードカバー・フィクション部門のトップ10 (2023年1月1日の週)[1]を紹介する。

1.Lessons in Chemistry

By Bonnie Garmus
Doubleday

1950年代の終わり、まだ男性優位の時代に、エリザベス・ゾットは唯一の女性化学者として研究所内で難しい立場にあった。そして、シングルマザーになることが明らかになると、研究所から解雇された。その彼女は1960年代の初め、なんとテレビの料理番組のスターになっていた。
(ベストセラー32週目)


2.The Boys from Biloxi

By John Grisham
Doubleday

美しいビーチ、リゾート、水産業で知られたビロクシは、同時にギャンブル、売春、薬物など不正と堕落の町としても悪名高かった。そんな町で仲の良い幼馴染として育ったキースとヒューは、それぞれの父親と同じ道を歩むようになった。この町の悪の根絶を目指した検事である父親を持つキースはロースクールへ進み、犯罪組織のボスとなった父を持つヒューは、父のクラブを手伝い、夜の世界に入っていった。
(ベストセラー9週目)


3.Fairy Tale

By Stephen King
Scribner

チャーリー・リードは野球とフットボールが得意な普通の高校生だった。しかし17歳の時、丘の上の大きな家に住む孤独な老人ハワード・バウディッチと知り合ったことで、ハワードの死後、その大きな家と裏庭の小屋、そして大量の金と信じがたい話を物語るカセットテープを引き継ぐ羽目に陥った。そして、この小屋は善と悪が戦っている別世界への入り口だった。
(ベストセラー15週目)


4.Demon Copperhead

By Barbara Kingsolver
Harper

アパラチア山脈南部の山の中で、ティーンエージャーのシングルマザーから生まれた赤毛の少年のサバイバル物語。チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』の現代版ともいえる作品。
(ベストセラー9週目)


5.Dreamland

By Nicholas Sparks
Random House

音楽家を目指していたが、今は家族の小さな農場を経営し、時々気が向くとバーで演奏しているコルビーと、ナッシュビルでスターになることを夢見ているシカゴの裕福な医者の娘モーガンは一目でお互いに惹かれ合った。一方、6歳の息子を連れて夫の暴力から逃れたビバリーは、一大決心をした。愛し合う若い二人と何百マイル離れた場所にいるビバリーの運命は絡み合い、思わぬ方向へ……。
(ベストセラー13週目)


6.Triple Cross

By James Patterson
Little, Brown

刑事アレックス・クロスと犯罪ノンフィクション作家トーマス・タルは、《ファミリー・マン》と呼ばれている連続殺人犯を追った。「アレックス・クロス」シリーズ30作目。
(ベストセラー7週目)


7.Mad Honey

By Judi Picoult and Jennifer Finney Boylan
Ballantine

ボストンに住んでいたオリヴィアは心臓外科医の夫と別れ、一人息子のアシャーを連れてニューハンプシャーの実家に戻り、父の養蜂業を引き継いだ。数年後、高校生になったアシャーは、転校してきたリリーに一目ぼれし、リリーもアシャーに好意を持った。しかしある日、アシャーはリリー殺人の容疑で逮捕され、裁判にかけられた。
(ベストセラー11週目)


8.A World of Curiosities

By Louise Penny
Minotaur

モントリオール理工科大学の卒業式の日、卒業生のフィオナは弟のサムと10年ぶりに再会した。10年前、母から虐待を受けていた姉と弟は、その母が殺害された事件の後、離れ離れになっていた。一方、スリー・パインズ村に住むケベック州警察のガマシュ警部と近所の人たちは、160年前の石工の手紙から、村の書店の屋根裏に隠し部屋があることを知り、レンガの壁を崩してその部屋に入った。そして、ガマシュに迫りくる危険が……。「アルマン・ガマシュ警部」シリーズ18作目。
(ベストセラー3週目)


9.Tomorrow, and Tomorrow, and Tomorrow

By Gabrielle Zevin
Knopf

MITの学生セイディとハーバード大学のサムは卒業の前年、共同でビデオゲームを開発した。そして、サムのルームメイトのマークスも加えた3人はビデオゲーム会社を立ち上げた。
(ベストセラー12週目)


10.Tom Clancy: Red Winter

By Marc Cameron
Putnam

1985年、冷戦時代、若かりし頃のジャック・ライアン(シニア)は、CIA副長官ジェームズ・グリアの命を受け、ソビエト政府の機密情報と引き換えに亡命を希望しているロシア人と接触するため東ドイツに潜入した。「ジャック・ライアン」シリーズ22作目。
(ベストセラー2週目)


先月から6作品が、10位以内にとどまり、そのうち8位だったLessons in Chemistryはベストセラー32週目にして1位に躍り出ている。またDemon CopperheadとTomorrow, and Tomorrow, and Tomorrowは10位以内に返り咲いた。

今月は、カナダ人小説家ルイーズ・ペニーの最新作A World of Curiositiesを取り上げたい。

[1]“A version of this list appears in the January 1, 2023 issue of The New York Times Book Review. Rankings on weekly lists reflect sales for the week ending December 17, 2022.” (このベストセラー・リストは2023年1月1日のニューヨーク・タイムズ紙ブックレビュー欄に掲載。リストは2022年12月17日で終わる週の売り上げをもとに作成されている。)

記事一覧
△ 【NYのベストセラーランキングを先取り!】ガマシュ警部シリーズ最新作! スリー・パインズ村を舞台に、謎の贋作絵画をめぐって展開するサスペンス ブックレビューfromNY<第85回> | P+D MAGAZINE TOPへ