本との偶然の出会いをWEB上でも

師いわく 〜不惑・一之輔の「話だけは聴きます」 序章:御挨拶

どうも、こんにちは。春風亭一之輔です。
落語家を生業としています。ただいま40歳。
同い年の安室ちゃんは今年で引退ですが、「落語家年齢」だとバリバリの若手です。

師いわくメインタイトル

私が所属する一般社団法人 落語協会の序列でいうと、私は上から180番目くらい。
あと180人くらいがあの世に旅立たないと私はトップには立てない…ということですね。わー、先ながっ!

今年の1月に40歳になりました。
昔、孔子というかた曰く『四〇にして惑わず』…だそうですね。

それってホントかよ? 孔子さん、見栄はってない?
私なんか、惑いっぱなしですよ。
「昼飯、なに食おうか?」とか、
「やらなきゃいけないことあるけど、寝ちゃおうか?」とか、
「(仕事で泊まったビジネスホテルで)
ビデオ・オン・デマンドは何から観ようか?」とか……
日夜、頭を悩ませまくりの真っ最中。
それが40歳なのです。

孔子さんだけ『惑わず』なんて、ズルい!! 孔子のズルッコっ!!

そんなコトを考えてたら、写真家のキッチンミノル氏が「お誕生日祝いの企画書がありまして~」と、まさかの手ぶらで我が家にやってきました。

キッチン:「『不惑』をむかえた一之輔さんがいろんな人のお悩み相談に答えたら面白いと思うんです!」

一之輔:「えー? オレに相談ってよっぽどだなぁ…。ムリムリ。面倒くさいし。こっちが相談にのってもらいたいくらいだよ!」

キッチン:「そこをなんとか!『不惑』の一之輔さんだからこそ出てくる名言・格言があると思うんですよ!」

一之輔:「出ない出ない! それより『西郷どん』の録画溜まっちゃってるの観なきゃだから帰ってよ! オレ、忙しいんだよ!」

キッチン:「『西郷どん』を一回早送りで観たと思って、その余った時間をボクにくださいっ!お願いしますっ!(土下座)」

一之輔:「……家族が見てる前で、やめてくれ。まるで俺がいじめてるみたいじゃないか……わかったよ。じゃあ…とりあえずその悩みっての、聴くだけ聴くよ。どーなっても知らないからな……」

キッチンミノルが「ありがとうごわす! ありがとうごわす!」と泣きながら土下座しているその姿は、まるで『西郷どん』の鈴木亮平の、下手な物真似のようでごわした。

ということで、たいしたことは出来ないけれど、とりあえず話だけは聴きますので。
こんな私になんか相談したい方、素見〈ひやかし〉歓迎。
よかったら寄ってってくださいな。

さぁさぁ、なんでも解決しちゃうでごわす、ごわんどー!

師いわく序章キメ画像

(写真・構成/キッチンミノル)※複製・転載を禁じます。

プロフィール

師いわくプロフィール画像1−1

春風亭一之輔:落語家

『師いわく』の師。
1978年、千葉県野田市生まれ。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。前座名は「朝左久」。2004年、二ツ目昇進、「一之輔」に改名。2012年、異例の21人抜きで真打昇進。年間900席を超える高座はもちろん、雑誌連載やラジオのパーソナリティーなどさまざまなジャンルで活躍中。
 
 
師いわくプロフィール画像1−2

キッチンミノル:写真家

『師いわく』の聞き手。
1979年、テキサス州フォートワース生まれ。18歳で噺家を志すも挫折。その後、法政大学に入学しカメラ部に入部。卒業後は就職したものの、写真家・杵島隆に褒められて、すっかりその気になり2005年、プロの写真家になる。現在は、雑誌や広告などで人物や料理の撮影を中心に活躍中。
 
 

●メール大募集●

『師いわく』では、不惑を迎えた春風亭一之輔師匠に相談したいあなたのお悩みや愚痴をお待ちしています。下記のメールアドレスに、①あなたのお名前(匿名・ハンドルネームOK)②お悩み・愚痴など…を書いてお送りください。③性別④年齢⑤お住まい…なども書いていただくと、師匠も相談にのりやすそうです。採用された方には、春風亭一之輔&キッチンミノルのサイン入り特製クリアファイルを差し上げます!

iwakuichinosuke@shogakukan.co.jp
 
 
<『師いわく 〜不惑・一之輔の「話だけは聴きます」』連載記事一覧はこちらから>

記事一覧
△ 師いわく 〜不惑・一之輔の「話だけは聴きます」 序章:御挨拶 | P+D MAGAZINE TOPへ