本との偶然の出会いをWEB上でも

【SM小説】美咲凌介の連載掌編「どことなくSM劇場」第13話どえむ探偵秋月涼子の忖度

人気SM作家・美咲凌介による、書き下ろし掌編小説・第13回目は、「どえむ探偵秋月涼子の忖度」。「忖度」が意味する出来事とは……? 冒頭から引き込まれる臨場感あふれるストーリーに、目が離せません! 

 

10

「あなたたち、これでおしまいですわ。覚悟なさい」と、涼子が両方の腰に手をやって、大威張りで宣言した。

「なんだ、お前は?」と、かすれた声で言ったのは三白眼か。

「お尋ねなら、教えてさしあげます。あたし、少女探偵、秋月涼子です! 今夜は汚らわしい痴漢退治にやってきましたわ!」

うん、偉い。ここで「ドM探偵」などと名乗らなかったのは偉いぞ──とは、真琴さんの心の声。だが、涼子、お前も三月になれば二十歳で、もう「少女」とは言えなくなるが、そうなったらどうする?

「証拠があるのか?」

「そうだ、俺たちは、だれも痴漢なんてやってないぞ」

「俺たち自身が証人だ。だれも、あんたに指一本、触れてない。なあ、そうだろ?」

「そうだ、俺はこの二人がじっと立っていたのを見ていた」

「俺もだ」

「冤罪だあ」

──と、三人組が口々に叫ぶ。真琴さんのときと、同じ調子だ。

「証拠はありますわ」

「あるなら見せてみろ」

「ちょっとお待ちなさい」

そう言うと、涼子はいきなりスカートを下ろし始めた。

「涼子、なにしてる? やめろ」

「大丈夫ですわ、お姉さま。この下に、ちゃんと着込んでいますのよ」

「そう……なのか?」

たしかに、そうだった。長いスカートの下に、ショートパンツをはいていた。だが、それだけではない。ショートパンツの上に、股間と太腿を、なんだかぬめぬめした感じの白い塊が覆っている。その下には、なにか銀色の金属のようなものが見えた。

「シリコンのパッドを、布で包んだものですわ」

そう言うと、涼子は股間からそれを取り外して見せた。すると、ショートパンツの上に、銀色のアルミでこしらえた、鎧のようなものが被さっているのが見えた。

「この鎧、和人くんのお手製です。あの人、とっても器用ですわ。でも、サイズが合っていないから、ぶかぶかですの。それから、お姉さま、これ……ちょっとさわってみてごらんなさい。ぷにぷにして、ちゃんと人の肌の感触でしょう? この感じを出すのに、苦労いたしましたわ」

なるほど、指先で触れてみると、たしかに人肌の弾力がある。

「この痴漢のおじさまたち、これをまさぐって喜んでいましたのよ。おばかさんですこと」

涼子は、上半身にも同じ仕掛けをしていた。セーターを脱ぐと、白いシャツの上に銀色のアルミのブラジャー、その上にシリコンを布で覆った偽物の乳房が貼りつけられていた。

11

「そ……それで、それがどうしたっ」と、薄ハゲが叫ぶ。

「そんなものが、証拠になるかっ」

「それが、ちゃあんと証拠になりますのよ」と、涼子。

「この布には、でんぷん糊をたっぷり塗ってありますの。これをさわったおじさまたちの指には、そのでんぷんが付着していますわ。ところで、ご存知? でんぷんは、ヨウ素液をつけると、反応して紫色になりますのよ」

そう言うと、あたりを見回すようにして、

「どなたか、ヨウ素液をお持ちの方、いらっしゃいませんこと?」

「いるか、そんな奴」と、三白眼が吐き捨てる。

ところが、ちゃんといたのである。

「はいはーい、ここに持ってますよー」

と、どこか間の抜けた、のんびりした声が聞こえてきた。和人くんの声だ。液体の入った小瓶を片手に持って、うれしそうに振り回している。この子は本当に、どこかしら世間を舐めたようなところがある。

和人くんは、痴漢たちの指に、ヨウ素液を順に塗りつけていった。痴漢たちはもちろん抵抗したが、屈強な若者たちに押さえつけられてどうすることもできない。無理矢理に拳を開かれていく。その間、逆らう痴漢たちの腹を和人くんが何度か殴りつけるのを、真琴さんはたしかに見た。目がきらきらと輝いていた。以前から思っていたが、和人くんの根っこは、やはりSなのだ。

薄ハゲと三白眼の指は、濁った紫色に染まったが、メガネ豚の指だけは、反応がなかった。すると、和人くんは、ポケットからもう一つ小瓶を出し、その中に入っている液体を筆で塗り付けた。真琴さんは今度もはっきり見たのだが、その小瓶には、間違いなく最初から紫色に濁った液体が入っていた。

「インチキだ。これ……最初から紫色だった」

メガネ豚が、高い声でキーキーとわめいた。

「えっ? ぼく、そんなことしました?」

「いや、しなかったっす」と、(和人くんの連れてきた)男子の一人が答えると、次々に――

「どれも同じだったよ、なあ?」

「そうそう、俺が見ている前で、透明なのが紫になったもん」

「さあ、これではっきりしましたわ」と、涼子が片をつけた。

「あとは、このまま警察に突き出すだけです!」

shutterstock_1141282280

12

どうもおかしい──と真琴さんは、さっきから思っている。この騒ぎのあいだに、電車は三つほど駅を過ぎたのだが、その度ごとに何人かの人が乗りこんでくる。そのせいで、車両の中は混んでいるとまでは言えないが、かなり人が増えてきた。このあいだは、そんなことはなかった、ずっと電車は空いていたままだった。

「警察って言うんならなあ、そこの暴力女だってえ、突き出してもらうおうじゃないかあ」

そんな声が聞こえた。薄ハゲの声だ。見ると、真琴さんのほうをじっとにらんでいる。

「その女は、俺に目つぶしをー、したんだからなあ。俺は……俺はあ、被害者だ、被害者なんだよお」

ぼんやり見ていると、ふいに横腹をつつかれた。耳元で、涼子の囁く声がした。

「お姉さま、出番ですわ。台本、覚えてますでしょう?」

そうだった。痴漢たちが目つぶしのことを言いだした場合、真琴さんのしゃべる言葉が、ちゃんと用意されていたのだった。

「ええっと。あれはですね……」

真琴さんの記憶力は、非常に優れている。すらすらと言葉が続く。あまりにもすらすらと続きすぎて、かえってわざとらしかったかもしれない。

「わたしも先日、この人たちから痴漢行為を受けたんです。とても怖くて、なんとか逃げ出そうと、思わず腕や足を振り回してしまいました。そのとき、たまたま目に指が当たるということも、あったかもしれません」

「噓……嘘だあ、あれは、絶対にわざとだあ」

薄ハゲがまたわめいたとき、横合いから別の声がした。

「ちょっとすみません。ぼくたちはたまたま乗り合わせた、聖風学園文化大学の空手部のものですが……」

見ると、さっきまではたしかにいなかった五人ほどの若い男たちだった。一つ前の駅から乗ってきたのだろう。

「わざと目つぶしをされたって、この人は言っていますが、それはちょっと信じられないですねえ。長年空手をやっていても、実戦で目つぶしなんて、そうそう決まるものではないんです。たまたま目に当たったっていうのが、本当でしょう」

「なるほど」と、涼子。

「専門家がそうおっしゃるなら、間違いはなさそうですね。それに、そもそも痴漢をしたほうが悪いのは、明らかですもの。たとえ目に指がちょっと入ったとしても、そんなの正当防衛ですわ」

「なにが正当防衛だ。こっちが訴えてやるからな」と、メガネ豚がわめいた

「ちょっと失礼します」と、また、別の声がした。今度は六十歳くらいの紳士風の男。

「今、正当防衛だとか、訴えるだとか聞こえましたが……ああ、わたし、たまたま乗り合わせた弁護士でして……なにか穏やかならぬお話だと感じましてね……こういうときは、まずはお互いにきちんと姓名を明らかにしたうえで、冷静に話し合うのが一番です。あ……わたし、山村と申します。そちらのお嬢さんは……?」

「あら?」

涼子が、頓狂な声をあげた。

「どうなさいました?」

「あらあらあら?」

「ですから、どうなさいました?」

「山村先生じゃありませんか。いつも父や祖父がお世話になっております」

「おっ。これは、秋月さまのお嬢さん、お久しぶりです。お美しくなられましたなあ。少し変わった格好をなさっているようですが……で、これはどういった話なんです?」

「先生、御覧になって。この三人の方たち……痴漢なんです。そして、こちらのきれいな方、新宮真琴さまとおっしゃるんですけど、涼子、とっても親しくさせていただいていますの。この方が先日、この三人から痴漢の被害にあわれて……」

「ふむふむ」

「それで今日は、涼子が囮になって、たった今、痴漢の証拠をつかんだところなんですの。それでね、山村先生、この新宮さまがこの方たちを相手に裁判を起こすとしますね……先生は、その代理人を引き受けてくださいますかしら」

「それは、正式に依頼があれば……」

「さ、裁判だとっ」

三白眼が呻く。

「そんなこと……できるもんか」

「いや、訴えることは、誰にでもできますよ。権利ですから」と、弁護士は答えた。

「ただ、どんな判決が出るかは、また別ですが……」

「でも、先生なら、どんな裁判にだって勝てますでしょう? だって、これまでずっと……」

「たしかにわたしは、ほとんどの裁判で勝っていますがね」

ひーっと聞こえる、妙な声が響いた。どうやらメガネ豚の声らしい。泣き出したようだ。

「まあ、とにかく、お互いに名乗りを上げてから、冷静に話し合うことですねえ」と、弁護士は、さっきと同じようなことを繰り返した。

「あなたがた、お名前は?」

痴漢たちは、押し黙っている。だが、涼子のほうは黙っていなかった。

「それも、ちゃんともう、調べはついています」と、一人一人を指さしながら

「この少し髪の薄いおじさまの名前は……」

よどみなく三人の名前を呼びあげる。痴漢たちが茫然として黙り込んだのは、それが当たっているからだろう。最後に、涼子は高らかに言った。

「お勤め先も、突き止めてあります。三人とも、M──株式会社の社員さんですわ!」

「なんですって!」と、同じくらい高らかな声が響いた。蘭子さんの声だった。

 

記事一覧
△ 【SM小説】美咲凌介の連載掌編「どことなくSM劇場」第13話どえむ探偵秋月涼子の忖度 | P+D MAGAZINE TOPへ