本との偶然の出会いをWEB上でも

【SM小説】美咲凌介の連載掌編「どことなくSM劇場」第13話どえむ探偵秋月涼子の忖度

人気SM作家・美咲凌介による、書き下ろし掌編小説・第13回目は、「どえむ探偵秋月涼子の忖度」。「忖度」が意味する出来事とは……? 冒頭から引き込まれる臨場感あふれるストーリーに、目が離せません! 

 

16

真琴さんは、それから三日間、大学を休んで、じっくりと考えた。あの電車の中にいたあいだ、なぜ自分の気持ちがだんだん沈んでいったのか──ただ沈んでいっただけではない、なにか苦い、不快な塊がうごめいて、なぜそれがあれほど重苦しく感じられたのか──。

だが、結局はわからなかった。だから、それは忘れないように憶えておくことにして、今度は別のことを考えた。あの痴漢退治は、楽しくはなかったろうか。たしかに、楽しい部分はあった。痛快でさえあった。それに、涼子はとても一生懸命だった。一生懸命で、それがとても可愛かった。

17

三日目の夜、涼子を部屋に呼んだ。

涼子は今、裸にされて、ベッドに腰かけた真琴さんの前に行儀よくひざまずいている。

「お姉さま。涼子、とっても反省しています。ごめんなさい」

「そうなの?」

真琴さんは、涼子を安心させるため、優しく頭を撫でてやった。

「涼子、今から自分のいけなかったところを、告白いたします。ですから、どうか許してくださいね」

「告白か」

真琴さんは、喉の奥で満足そうにちょっと笑った。

「すごくいい響き。じゃあ、告白してみて」

「はい。涼子、お姉さまの気持ちを勝手に忖度して、余計なことをしてしまったんじゃないかと思いますの。どこが余計なことだったのか、まだよくわからないんですけど。やっぱりMの涼子は、Sのお姉さまのご命令を尊重すべきだと思いましたわ。勝手に涼子が忖度するんじゃなくて、はっきりしたご命令を待つべきでした。それができなかったから、お姉さまは不快にお思いになりましたのね」

真琴さんは、少しおかしくなる。「ご命令を尊重」なんて言って、実際に真琴さんが命令しても、その半分くらいは、ああだこうだとまくしたてて、結局は訂正させてしまうのが、涼子の涼子たる所以ではないか。

「本当に、涼子は可愛いね」

真琴さんは、両手で涼子の頬を挟み、軽く口づけてやった。涼子は、見る間に上気していく。

「でもね、涼子。そんなに謝らなくてもいいんだよ。わたし、ちっとも不愉快な思いなんてしなかったんだから」

真琴さんは、嘘を言った。

「ただ、例の痴漢退治であんまりいい役をもらったから、照れくさかっただけ。だからね、涼子。忖度したって、いいんだよ。ただ、行動に移す前に、もうちょっと具体的にどんなことを始めるのか、教えてくれるとうれしいかな」

「これからは、きっとそうします」

「いい子だね。それで……例の痴漢三人組だけれど、あれから結局、どうなったの?」

「そのことですわ、お姉さま」

涼子は、ぐっと上体を起こして、楽しげにしゃべり始めた。

「蘭子先輩と和人くんが、一種のクラブみたいなのを作ってるの、ご存知ですよね」

「クラブっていうより、ハーレムだろ? わたしも同じようなの、作ってみたい」

「まあ、お姉さま。いけませんわ……それでですね、そのハーレムの女の子たちの下男として、あの三人を雇い入れたんですって」

「本当に?」

「それで、とっても恥ずかしいご奉仕をさせているんですって。でも、あの三人も、すごく興奮しちゃって、新しいMの喜びを感じているらしいんです」

「本当かなあ」

「証拠の動画も、いただいてきましたの。顔はボカしてありますけど……身体つきから、あの三人ってわかりますわ。ご覧になります?」

涼子は、カバンからスマホを取り出した。

「見たい……けど、見ない」

「あら、どうしてです?」

「わたしがそれを見て、ああ羨ましいなあ、わたしも下男つきの美男美女ハーレムがほしいなあ、なんて思ったら、涼子はどんな気持ちがする? それよりも、今は、わたしのMは涼子だけでいいっていうのと、どっちがいい?」

「もちろん、お姉さまのMは、この涼子一人ですわ」

「じゃあ、見ないことにしよう」

「ありがとうございます」

「さあ、反省会も終わったことだし……」

真琴さんは、ベッドをポンポンと叩いた。

「ここにおいで。キスしてあげる。このあいだは涼子にたくさんしてもらったから、今夜はわたしがお返し」

「いいえ、いけません、お姉さま」

「どうして?」

「なぜって……」

涼子はもじもじしながら言った。

「涼子、まだ罰を受けていませんもの。お姉さま、あんまりMを甘やかしてはいけません。叱るときはきちんと叱らないと、涼子きっと、どんどん生意気になってしまいます」

ああ、そうか……。

真琴さんは、涼子の求めに応じてやることにした。

「そうだね。勝手なことをしたMには、厳しい罰をあげないと。でも、痴漢退治であんなにがんばったから、涼子が一番好きな罰にしてあげる。涼子は、どんな罰がいいの?」

「お姉さま、ご存知のくせに……」

涼子がいそいそと真琴さんの膝の上に乗ってきた。

18

一時間後、二人はベッドの上、毛布にくるまってぴったりと抱き合っていた。

「ねえ、お姉さま?」

「なあに?」

「お姉さまに、一つだけ、お願いがありますの」

「言ってごらん」

「お姉さまに、ご自分の力を、もっと大胆に使っていただきたいんです」

「わたしの……力?」

「ええ。今回のことで、おわかりになったでしょう? お姉さまが一言なにかおっしゃれば、涼子が動きますし、涼子が動けば、和人くんも蘭子先輩も動きます。もっとほかの人だって、お姉さまが望みさえすれば、涼子が動かしてご覧に入れますわ。お姉さまにそれだけの力があるってこと、知っていただきたいし、その力を使いたいときには、お好きなだけ使っていただきたいんです」

「それが一種の力だとして……それは涼子の力だろう? わたしのじゃない」

「涼子はお姉さまのものなんですから、涼子の力は、お姉さまの力ですわ」

そうかもしれない……。そう思うと、三日前から感じていた重苦しいものの正体が、わかった気がした。真琴さんは、そんな力が──いつまで持ち続けることができるかはわからないものの、少なくとも今のところだけは、使おうと思えば使うことのできるその力が──厭わしかったのだ。涼子が厭わしいのではない。涼子に付随しているもの、涼子は今それを「力」と呼んだが、別の呼び方をすれば、複雑に絡み合い粘ついた糸の塊のようなもの──それが真琴さんには重苦しかったのだ。

だが、そんなことは、涼子には言えなかった。言ってもおそらく伝わりはしないだろう。

「そうだね。ありがとう」

真琴さんは、ただそう答えた。

shutterstock_1359623885

◆おまけ 一言後書き◆
今回は、掌編とは言えないほど長くなってしまいました。最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。次回は、ぐっと短いものになる予定です。

2019年10月18日

美咲凌介(みさきりょうすけ)

1961年生まれ。福岡大学人文学部文化学科卒業。在学中、文芸部に所属し、小説や寓話の執筆を始める。1998年に「第四回フランス書院文庫新人賞」受賞。SMを題材とした代表作に『美少女とM奴隷女教師』『Sの放課後・Mの教室』(フランス書院)など。他に別名義で教育関連書、エッセイ集、寓話集など著書多数。

「SM小説家美咲凌介の連載記事一覧はこちらから>

記事一覧
△ 【SM小説】美咲凌介の連載掌編「どことなくSM劇場」第13話どえむ探偵秋月涼子の忖度 | P+D MAGAZINE TOPへ